カテゴリー
ねずみ フォルスクラブ

フォルスクラブとねずみ講は全く違う

フォルスクラブとねずみ講は違います。
よくフォルスクラブとねずみ講と勘違いする人がいますが、これは全く違います。ねずみ講は商品というモノが無く会員登録をする人の入会金が下から上に流れるということで出来ているシステムで、これが上が儲かるという事になるシステムのゆえん。ですが、フォルスクラブは教育サービスを提供するというビジネスモデルがあるので、この時点で既にねずみ講とは全く違うという事がわかるはずです。

 

フォルスクラブとねずみ講の組織は同じなのか。
フォルスクラブの組織を見ると三角形になっていて、これがねずみ講と同じだという人もいるのですが、組織は常に三角形になるといっても良いでしょう。三角形にならない組織があればそれは崩壊してしまいます。トップが下よりも多いという事になれば、それは既にトップではありません。ですから、この三角形の組織が同じだからねずみ講と同じという論理はとんでもなく言いがかりに近いモノがあるという事を言わざるを得ないでしょう。そのような事を言うと、日本の会社はもれなくねずみ講と同じという事になります。官公庁の組織も全てねずみ講と同じということになり、この事が如何に言いがかりのようなものなのかという事が分かるはず。組織が機能するには三角形になるしかないのです。

 

フォルスクラブとねずみ講と間違われる理由は何。
これは販売員というシステムがそうさせるという事が考えられます。フォルスクラブでは販売員が教材を売るという事をしていて、これが勧誘のように見えるので、そのような事を考えてしまう事がありそうです。ですが、これは日本ではこうした販売スタイルが根付いていないというだけの事で、別に法律違反でもありませんし、欧米では当たり前のようにある販売方法です。特に怪しい事でも何でもありません。会社員が販売すれば怪しくなくて、販売員が販売すれば怪しいという事になれば、それこそ意味が分からないことになります。別に販売をする人はだれであってもいいわけですから、それが販売員というだけの事です。

 

フォルスクラブでこのような良くない噂が出てくるのは何故。
この販売員から売られるという行為が気に入らない人がこうした良くない噂を流すのだと考えられます。店舗のようなところにいって買い物をする場合には、既に店舗で勧誘されるという事を前提として買い物に行っているので、そこで声をかけられても別に気にならないのですが、友達や友人のような人が販売員になっていて、そのような人から声をかけられると心の準備が出来ていないので、勧誘されたという気になってしまうと考えられます。これもこのような販売スタイルの経験がほとんどないからと言っても良いかもしれません。別に慣れてしまえば当然のことであって、自分は友達から買ってもいいし、買わなくてもいいし、店舗に行ってもいいというだけの事ですから、選択肢が増えたというだけの事なのですが、それが慣れていないので気に入らないのです。

カテゴリー
eラーニング研究所 マルチ商品

マルチ商品にはない魅力を持つeラーニング研究所

●eラーニング研究所で本当のイーラーニングができる
インターネットが普及した現代では、オンライン上で学習をするという新しい学習法が注目を集めています。
しかし、通信教育の世界は実態が分かりづらい部分があり、昔からマルチ商品の標的にされやすかった分だけ、イーラーニング=マルチ商品と思い込んでしまっている人も多いものです。
実際にマルチ商品の標的になりやすいのが事実だけに、勘違いしてしまうのも致し方ないところがありますが、効果的で安心できる学習をしたいと思うのであればeラーニング研究所を利用することで本当のイーラーニングをすることができます。
様々な学習の仕方を提供していて、大人から子供まで誰でも安心して学習ができます。

 

●eラーニング研究所が提供しているサービス
eラーニング研究所は様々なサービスを提供していますが、その中でも中核となるのがフォルスクラブです。
家庭向けのイーラーニングのひとつであり、幼児から大人まで使える通信教育となっています。
よくあるマルチ商品は、対象年齢が決まっていて家族全体で使うということができません。
更にマルチ商品の場合、家庭で使うには全員分の費用を支払わなければなりませんが、フォルスクラブでは入会金と月額利用料金で5名まですべてのコンテンツが利用できる強みがあります。
一人で利用をするにしてもマルチ商品と比べると遥かに安価ですが、それを家族で利用できるとなれば破格の低料金となっているのがフォルスクラブの魅力です。

 

●社会貢献活動にも力を入れている
eラーニング研究所は優秀な学習事業のコンテンツを多数提供しているだけでなく、社会貢献活動にも力を入れています。
マルチ商品と誤解をされやすい事業内容だけにその印象を払拭する目的もありますが、それだけでなくeラーニング研究所が真摯に教育に力を入れている証でもあるのです。
最近はイーラーニングをするためのPCやタブレットが安価で手に入れることができるようになりましたが、それでも貧しい家庭では触れる機会が多くありません。
そこでeラーニング研究所は、児童の教育格差を是正するために2008年から全国の児童施設にイーラーニングが受けられる学習システムを提供するという社会貢献活動をしているのです。

 

●eラーニング研究所で安心で高度な学習を
イーラーニングにはどうしてもマルチ商品のイメージがつきまとってしまうものですが、安心して学習をしたいと考えるのであれば、eラーニング研究所の提供しているサービスを利用してみるのが良いでしょう。
低料金で始めることができるので気軽に試すことができますし、いつでも時間を問わずに学習ができるので効率的に知識を蓄えることができます。
企業としての実績も豊富にあるので、怪しげなマルチ商品を展開している企業と違い信用があるのも魅力です。
イーラーニングに対して興味はあれどマルチ商品が不安という人は、eラーニング研究所を知ることで安心して利用ができます。

 

カテゴリー
MLM フォルスクラブ

フォルスクラブがMLMではない根拠

フォルスクラブはインターネットで学習できる仕組みを持っている
学習は、必ずしもペンを持ちノートに書くことだけがやり方ではありません。最近の傾向としては、インターネットを通じてスマート本やTabletなどを利用して学習する傾向が多くなっています。なぜこのような学習をするかといえば、半分はゲームの延長として行うことができるからです。また、気軽にどこでも持ち運ぶことができ今までのように重たい参考書をいくつも持ち運ぶ必要はないのが特徴です。このように、20年以上前の受験生からすれば驚きの学習スタイルができあがっているのが昨今の教育事情になります。今日日、このようなスタイル当たり前になり現在の小学生や中学生でもインターネットを使って教育は学校でも取り入れられているため全く抵抗がありません。そのインターネットの学習に注目した会社が、フォルスクラブと呼ばれるところになります。


フォルスクラブにはいったいどのような特徴があるのか
フォルスクラブといえばインターネットで学習の内容を提供する業者になりますが、単に学習の機会を提供しているわけではありません。マルチに対応しており小さな子供から資格を取得したい大人まで様々な学習の機会を提供しているわけです。また、サービスも充実しており、教材を渡しておしまいではなくしっかりとしたフォローシステムがあるのも魅力といえるでしょう。基本的に学習をする場合には先生が必要ですが、インターネットの教材自体が一つの先生だとしても何か質問をして答えてくれるわけではありません。ですが、フォルスクラブを利用すればフォロー体制がしっかりしているため安心して学ぶことができるでしょう。


フォルスクラブはMLMなのか検証をする
インターネットなどで見てみると、フォルスクラブはMLMなのではないかと噂をされていることがあります。なぜそのような噂が立つかといえば、商品を販売しておらず今ひとつ実態がつかみにくいからでしょう。フォルスクラブは教材を販売してそれをインターネット上で利用してもらっていますが、MLMとは全く関係ないものになります。そもそもMLMとは連鎖販売取引のことで、アップがダウンに商品を購入してもらいその一部がアップの収入にあります。残りの売り上げに関しては会社側が引き受ける形になりますので次々にダウンをつけていくことでMLMは大きな組織になっていくわけです。大きな組織になっていくと、次第に勧誘する人が増えていきやがてMLMの収入だけで生活ができるようになります。ですがそもそも、MLMの基礎となっているラウンジとアップル完成自体が存在しませんのでこれをMLMと断言してしまうのは早計になります。また、勧誘などは一切行っておらず商品を売りつけてダウンにするといった仕組みをありません。そして、MLMの特徴的なものとして各グループが存在していますがそのようなものもフォルスクラブでは一切存在していません。以上をもって、フォルスクラブはMLMではないと断言できます!!