習い事の退会とフォルスクラブのスタート

習い事を退会したタイミングにフォルスクラブ

スイミングクラブを退会した年に東日本大震災があったことから、その時のエピソードは何となくはっきりと覚えています。他の習い事はいつ辞めたかということはあまり覚えていませんが、東日本大震災が起こった後は全てのサービスが一時的に停止しましたし、予約していたいろいろなことが出来なくなったのが実情です。スイミングクラブを退会しましたが、実質破損個所もあったみたいなので営業は続けられなかったと聞きました。そんなタイミングで何か始めたいと考えていた時に最適だったのが、フォルスクラブです。色々なサービスの営業が滞っていた時期ですが、フォルスクラブならネットを使って学習ができるので出かける必要が無いというのが最適と感じたきっかけでもあります。

スイミングクラブを退会した後のフォルスクラブの入会

東日本大震災の影響でいろいろな習い事を退会した人は多いかもしれませんが、その時に出来ることをやろうとしたことがきっけでフォルスクラブの入会を決めました。今思えば偶然ではありますが、何事にもきっかけはありますしそれが全く関係が無いでき事ということも少なくありません。スイミングクラブはスポーツですし、フォルスクラブは学習が中心となりますので代わりにはならないのですが、視野が広がったり語学力が身につくといったメリットがあるのであのきっかけで入会することが出来たのは奇跡に近いです。スイミングクラブを退会していなければ、現在の自分はないと考えられるほどです。

タイミングは重要と考えるようになったきっかけ

スイミングクラブをやめたのと重なった時期が東日本大震災だったのですが、たまたま同じ年にフォルスクラブを始めることが出来たというのは運命的な出会いです。スイミングクラブは長く通っていたので、いつかは止めようとしていましたがフォルスクラブは低価格で家族で使うことができますので、スイミングクラブとはコストパフォーマンスの面では段違いと言えます。なんでも長年やっていた習い事を退会するというのは少し寂しい気もしますし、勇気が必要です。でも新しい出会いが待っているということが、この経験を通してわかりました。

出会いがあれば別れもあるという事

人間もそうですが、出会いがあれば別れもあるということは習い事にも共通しています。スイミングクラブを退会した年に同じようなタイミングでフォルスクラブと出会い、そして家族で学びの機会を得ることが出来たというのは東日本大震災があった年だから、余計に鮮明に覚えています。そして、たまたまではありますが外出しにくい環境でフォルスクラブのおかげで家族が勉強する機会を与えられた、というのもとても喜ばしいことです。スタートのタイミングにはそれぞれ異なりますが、みんな何かしらのきっかけがあってフォルスクラブをスタートしているはずです。何かを退会した人は、フォルスクラブをスタートしてみるのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です