eラーニング研究所の社務士試験対策と仮想通貨は関連なし

・eラーニング研究所には社労士のためのコンテンツがある

社会保険労務士試験の勉強を考えている方に役立つのがeラーニング研究所です。9資格対策講座は社労士を目指す人に最適なコンテンツで、効率よい勉強が実現します。同時に社労士になるために仮想通貨の勉強が必要と考える人もいますが、両者に関連性はありません。仮想通貨に詳しくなくても社労士にはなれます。仮想通貨バブルの時代は、ビットコイン投資をするのが当たり前のような風潮がありましたが、実際に投資している人は一部でした。日本は世界的に見てもビットコインの投資家が多いですが、人口比で見てみると参加者は少数派です。保有者は全体の1割程度であり、9割の人は保有していません。eラーニング研究所は投資家を目指す人よりも、社労士などの専門家になりたい方におすすめの教育システムです。

・仮想通貨の予想家や専門家と投資のプロは違う

仮想通貨に詳しくなるためにeラーニング研究所で勉強している人がいます。社労士のなかにも仮想通貨を所有している人がいますが、実際に利益を得ている人は少数派です。予想家や専門家・評論家などと聞くとその道のプロに思えますが、本人たちは仮想通貨を所有していないケースが少なくありません。つまり自身では投資に参加せず、予測だけしているわけです。自身で参加しない理由はシンプルで、儲かる確率が低いことを知っている、もしくは勝てる自信がないためです。100%の勝率を達成するのは無理でも、80~90%の勝率があれば参加するでしょう。参加するにあたって手数料はかかりますが、それでも60%程度の勝率を実現できれば利益を得られます。予測するのは簡単だけど、勝つのは難しいのが投資というわけです。

・知識を増やすために最適な学習教材

幅広い知識を得るためにeラーニング研究所は最適です。教育のグローバルネットワークをコンセプトにしており、自宅で好きなときに学習できます。eラーニング研究所のスマートフォン向けアプリである9資格対策講座は好評です。FP3級技能検定など貯蓄・投資を提案する専門家になるための資格も用意されています。ただ専門家と投資家は似て非なるものであり、専門家の多くは自身では稼いでいません。実践的なノウハウを有しているのはプロの投資家ですが、そのノウハウを一般に公開することはしないです。経営コンサルタントを例にしても、コンサルタント自身が起業をして大成功しているケースは少ないでしょう。誰かにアドバイスをするのと、自身が投資で勝つのとでは意味が違うのです。専門家よりも成功者の話を聞いたほうが失敗はないのです。

・仮想通貨の勉強は独学が基本

仮想通貨のセミナーに参加したけど、まったく稼げないという声は少なくありません。世界的な投資家がセミナーを開催しているケースは少ないです。本当の意味での投資家は、投資を生業としています。怪しいセミナーの主催者の多くは、世間一般には知られていない人です。つまりセミナーを生業とする人のノウハウを聞いても、実際に稼げるようにはならないわけです。やはり仮想通貨で食べていくには、eラーニング研究所などの通信教育で独学するのが理想でしょう。eラーニング研究所には怪しいセミナー講師がいないので、洗脳されてしまう心配はありません。もし稼げる系のセミナーへの参加を考えている人がいるなら、セミナー講師の実績や知名度を確認してみてください。本人が投資家として大成功しているなら、参加する価値はあるかもしれません。一方で本人の実績がゼロ、もしくは不明というのであれば、信用するには値しないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です