フォルスクラブとねずみ講は全く違う

フォルスクラブとねずみ講は違います。
よくフォルスクラブとねずみ講と勘違いする人がいますが、これは全く違います。ねずみ講は商品というモノが無く会員登録をする人の入会金が下から上に流れるということで出来ているシステムで、これが上が儲かるという事になるシステムのゆえん。ですが、フォルスクラブは教育サービスを提供するというビジネスモデルがあるので、この時点で既にねずみ講とは全く違うという事がわかるはずです。

 

フォルスクラブとねずみ講の組織は同じなのか。
フォルスクラブの組織を見ると三角形になっていて、これがねずみ講と同じだという人もいるのですが、組織は常に三角形になるといっても良いでしょう。三角形にならない組織があればそれは崩壊してしまいます。トップが下よりも多いという事になれば、それは既にトップではありません。ですから、この三角形の組織が同じだからねずみ講と同じという論理はとんでもなく言いがかりに近いモノがあるという事を言わざるを得ないでしょう。そのような事を言うと、日本の会社はもれなくねずみ講と同じという事になります。官公庁の組織も全てねずみ講と同じということになり、この事が如何に言いがかりのようなものなのかという事が分かるはず。組織が機能するには三角形になるしかないのです。

 

フォルスクラブとねずみ講と間違われる理由は何。
これは販売員というシステムがそうさせるという事が考えられます。フォルスクラブでは販売員が教材を売るという事をしていて、これが勧誘のように見えるので、そのような事を考えてしまう事がありそうです。ですが、これは日本ではこうした販売スタイルが根付いていないというだけの事で、別に法律違反でもありませんし、欧米では当たり前のようにある販売方法です。特に怪しい事でも何でもありません。会社員が販売すれば怪しくなくて、販売員が販売すれば怪しいという事になれば、それこそ意味が分からないことになります。別に販売をする人はだれであってもいいわけですから、それが販売員というだけの事です。

 

フォルスクラブでこのような良くない噂が出てくるのは何故。
この販売員から売られるという行為が気に入らない人がこうした良くない噂を流すのだと考えられます。店舗のようなところにいって買い物をする場合には、既に店舗で勧誘されるという事を前提として買い物に行っているので、そこで声をかけられても別に気にならないのですが、友達や友人のような人が販売員になっていて、そのような人から声をかけられると心の準備が出来ていないので、勧誘されたという気になってしまうと考えられます。これもこのような販売スタイルの経験がほとんどないからと言っても良いかもしれません。別に慣れてしまえば当然のことであって、自分は友達から買ってもいいし、買わなくてもいいし、店舗に行ってもいいというだけの事ですから、選択肢が増えたというだけの事なのですが、それが慣れていないので気に入らないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です