カテゴリー
ネズミ フォルスクラブ

大黒天の神使ネズミとフォルスクラブ

七福神の神様たちに仕える様々な神使

七福神の神様には神使として仕えている
フォルスクラブのように様々な動物がいるといいます。
鹿やネズミ、鶴などの動物が神様の使いとして
働いているのだそうです。
ネズミを筆頭にわりと身近な動物ばかりですから
七福神の神様に少し親しみが感じられます。

カテゴリー
MLM フォルスクラブ

フォルスクラブとMLMの違いについて

【フォルスクラブにもMLMスタンプを】

MLMを手伝うスタンプが流行っておりサービスを
より多くの人びとに普及させるのに役立っています。
フォルスクラブでもMLMのようなLINEスタンプが
あればよいと考える人たちが大勢存在します。

カテゴリー
イーラーニング研究所 投資

イーラーニング研究所で学べる投資とは

投資の知識を得ることで将来に備える

投資をして将来に備えるという人が増えてきています。
しかし、投資は博打と思っている人も多いのが現状です。
投資は博打ではなく預貯金よりも高い利回りで
お金を運用することができる可能性があります。
効率的に将来に備えることができるようになっています。

カテゴリー
フォルスクラブ 香港上場

フォルスクラブの概要や香港上場に隠れた想いとは?

フォルスクラブのビジネスを改めて再認識しておこう

香港上場などの話題を持つフォルスクラブは、株式会社イーラーニング研究所が手掛けるイーラーニングサービスの名称です。株式会社イーラーニング研究所には、小中学生を対象にしたスクールTVや子供未来キャリアなど学習習慣が身に付いた子供を対象にした学習教材や動画学習サービスなどを用意しており、これらに注目が集まっているようです。

カテゴリー
フォルスクラブ マルチ商品

マルチ商品の購入で役に立つフォルスクラブの知識

農業の現場で使われているマルチ商品

フォルスクラブと違い農業の世界には、マルチシートと呼ばれるアイテムがあります。
マルチシートとは黒やシルバーなどの色がついたシートのことで、これを使うことにより畑を保温したり等様々な効果が得られます。
そのため農家の皆さんは常備し必要な時が来たら設置して、保温や遮温、防虫などさまざまな目的を達成しています。

カテゴリー
イーラーニング研究所 仮想通貨

仮想通貨よりもイーラーニング研究所がお勧めの理由

イーラーニング研究所と仮想通貨

一攫千金を狙うなら、投資が人気ですがその中でも特に大きな利益が見込めるのが仮想通貨ではないでしょうか。そう思って投資をしたものの、かなり損をしてしまった人も多いのが仮想通貨の難しいところです。必ずもうかるといわれてお金を投じたものの、結局は損をしてしまうことがあるのが仮想通貨ですが損をしたくないならイーラーニング研究所の書籍を購入してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー
フォルスクラブ 消費者センター

蜂の暮らしには消費者センターもフォルスクラブも無い

蜂は役割分担をしながら集団で暮らしている

フォルスクラブのようなサービスを作る人もいれば、消費者センターで働いている人もいます。それは蜂の世界でも変わらないかもしれません。

蜂には毒を持つ種類もいますから、身近に存在していると恐怖を感じるものです。しかしその生態は非常に面白く、興味深いことで知られています。女王蜂と働き蜂、そして雄蜂という役割分担にわかれ、一つのコロニーを形成しているのです。

カテゴリー
MLM フォルスクラブ

フォルスクラブにはないチェーンメールとMLM

フォルスクラブはLINEではない

メッセージアプリのLINEが日本国内でサービスの提供を開始したのが2012年で、この頃フォルスクラブはいくつかのサービスを終了してサービスのスリム化を図っていたころです。LINEが現在のように個人だけではなく官公庁や企業などがメッセージを発信するためのメディアとして発達するとは誰も予想できなかったのと同じように、現在のフォルスラブも当時は誰も予想できませんでした。

カテゴリー
フォルスクラブ

株がつく様々な苗字とフォルスクラブ

もしもフォルスクラブに苗字事典があったら

フォルスクラブには様々なコンテンツが揃っていますが、現在のところ苗字事典は置いていないようです。もしフォルスクラブに苗字事典の機能が備わっていたら、珍しい苗字などを気軽に調べることができて非常に便利でしょう。たとえば、株という字がつく苗字なども、簡単に見つけ出すことができます。

カテゴリー
フォルスクラブ 上場

一部上場のようなポテンシャルを持つフォルスクラブ

再編で大きく変わる株式市場の在り方

フォルスクラブがそろそろ20周年を迎える一方で、2022年4月4日から株式市場の区分が再編され「①持続的な成長が期待でき中長期的な企業価値の向上を目指す企業が参画しグローバルな投資家向けのプライム」「②流動性と上場企業に相応しいガバナンスを備えたスタンダード」「③今後の成長が期待できるのと同時に上場企業として適切な事業計画の履行や公開を行い一定以上の評価を得ている企業のグロース」の3つが誕生しました。