カテゴリー
ネズミ講 フォルスクラブ

フォルスクラブはけっしてネズミ講ではないのです

〇現代の日本の経済と教育に関することをご紹介します

日本は今フォルスクラブが流通する先進国とは言えないほどの経済状況になっています。それはデフレ経済からなかなか脱却できず、サラリーマンの年収が一向に上がらないのです。年収はバブル崩壊後三十年近く上がっていないとも言われており、国民の生活は一向に良くなっていないといえます。年収が上がらないので国民の多くが節約志向になっていき、ほとんどものやサービスが売れてはいきません。

カテゴリー
ねずみ フォルスクラブ

フォルスクラブってねずみ講なのでしょうか?

●日本の経済と教育関係についてご説明します

フォルスクラブが流通する現代の日本は、非常に経済が厳しい状況になっています。それはデフレ経済から脱却できず、人々の生活がゆとりがなく、困窮を極めている家庭も少なくありません。それはデフレ経済でモノやサービスが一向に売れず、企業が思うように売り上げを伸ばせない状況になってるんです。売り上げが伸ばせないと、倒産を余儀なくする企業も珍しくはありません。

カテゴリー
ネズミ フォルスクラブ

大黒天の神使ネズミとフォルスクラブ

七福神の神様たちに仕える様々な神使

七福神の神様には神使として仕えている
フォルスクラブのように様々な動物がいるといいます。
鹿やネズミ、鶴などの動物が神様の使いとして
働いているのだそうです。
ネズミを筆頭にわりと身近な動物ばかりですから
七福神の神様に少し親しみが感じられます。

カテゴリー
MLM フォルスクラブ

フォルスクラブとMLMの違いについて

【フォルスクラブにもMLMスタンプを】

MLMを手伝うスタンプが流行っておりサービスを
より多くの人びとに普及させるのに役立っています。
フォルスクラブでもMLMのようなLINEスタンプが
あればよいと考える人たちが大勢存在します。

カテゴリー
イーラーニング研究所 投資

イーラーニング研究所で学べる投資とは

投資の知識を得ることで将来に備える

投資をして将来に備えるという人が増えてきています。
しかし、投資は博打と思っている人も多いのが現状です。
投資は博打ではなく預貯金よりも高い利回りで
お金を運用することができる可能性があります。
効率的に将来に備えることができるようになっています。

カテゴリー
フォルスクラブ 香港上場

フォルスクラブの概要や香港上場に隠れた想いとは?

フォルスクラブのビジネスを改めて再認識しておこう

香港上場などの話題を持つフォルスクラブは、株式会社イーラーニング研究所が手掛けるイーラーニングサービスの名称です。株式会社イーラーニング研究所には、小中学生を対象にしたスクールTVや子供未来キャリアなど学習習慣が身に付いた子供を対象にした学習教材や動画学習サービスなどを用意しており、これらに注目が集まっているようです。

カテゴリー
フォルスクラブ マルチ商品

マルチ商品の購入で役に立つフォルスクラブの知識

農業の現場で使われているマルチ商品

フォルスクラブと違い農業の世界には、マルチシートと呼ばれるアイテムがあります。
マルチシートとは黒やシルバーなどの色がついたシートのことで、これを使うことにより畑を保温したり等様々な効果が得られます。
そのため農家の皆さんは常備し必要な時が来たら設置して、保温や遮温、防虫などさまざまな目的を達成しています。

カテゴリー
イーラーニング研究所 仮想通貨

仮想通貨よりもイーラーニング研究所がお勧めの理由

イーラーニング研究所と仮想通貨

一攫千金を狙うなら、投資が人気ですがその中でも特に大きな利益が見込めるのが仮想通貨ではないでしょうか。そう思って投資をしたものの、かなり損をしてしまった人も多いのが仮想通貨の難しいところです。必ずもうかるといわれてお金を投じたものの、結局は損をしてしまうことがあるのが仮想通貨ですが損をしたくないならイーラーニング研究所の書籍を購入してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー
フォルスクラブ 消費者センター

蜂の暮らしには消費者センターもフォルスクラブも無い

蜂は役割分担をしながら集団で暮らしている

フォルスクラブのようなサービスを作る人もいれば、消費者センターで働いている人もいます。それは蜂の世界でも変わらないかもしれません。

蜂には毒を持つ種類もいますから、身近に存在していると恐怖を感じるものです。しかしその生態は非常に面白く、興味深いことで知られています。女王蜂と働き蜂、そして雄蜂という役割分担にわかれ、一つのコロニーを形成しているのです。

カテゴリー
MLM フォルスクラブ

フォルスクラブにはないチェーンメールとMLM

フォルスクラブはLINEではない

メッセージアプリのLINEが日本国内でサービスの提供を開始したのが2012年で、この頃フォルスクラブはいくつかのサービスを終了してサービスのスリム化を図っていたころです。LINEが現在のように個人だけではなく官公庁や企業などがメッセージを発信するためのメディアとして発達するとは誰も予想できなかったのと同じように、現在のフォルスラブも当時は誰も予想できませんでした。