フォルスクラブには「幼児向け音感育脳システム」があります。
その名の通り、幼児を対象としたものですが、
これは一般家庭で使う前提で作られています。
親と子の1対1のコミュニケーションツールとして使うのがベストと言えそうです。
では、フォルスクラブの幼児向け音感育脳システムは幼稚園で使えるのでしょうか?
仮に使うとしたら、どのようにフォルスクラブを扱うのが宜しいでしょうか?

まず、幼稚園の環境について見てみます。
在籍する児童は3歳から5歳になる子になります。
小学校に上がる3年前から通う所というイメージがあるかもしれませんね。
そして幼稚園は、お子さんが初めて集団生活を学ぶ場所と言えます。
幼稚園の下に保育園も存在しますが、
0~2歳ではまだ意識はハッキリしておらず、
外界の環境を正しく認識できないかもしれません。
この集団というのが、フォルスクラブをする上でのネックとなってしまうのです。
どのフォルスクラブのコンテンツもそうですが、
ひとつの機械(ハード)で一人しか遊べません。
Nintendo Switchのように協力プレイも出来ません。
仮に幼稚園でフォルスクラブの幼児向け音感育脳システムをやらせるとしたら、
幼稚園の先生がそのひとりに対して付きっきりで対応することになります。
教室内には他のお子さんも居ますので、
ひとりだけの面倒を見ることは出来ないのです。
通信対戦みたいなことがフォルスクラブで出来ると良いのですが、
まだそうした機能は実装されていません。

幼稚園児にはちょっと早いかもしれませんが、
フォルスクラブの手話講座を見せるのは良いかもしれませんね。
テレビのように見せるだけなので、全員が大人しく座って視聴してくれます。
大人しいとは限りませんが、そこは幼稚園の先生の腕の見せ所でしょう。
6~7級程度でしたら、幼稚園の中学年程度(4歳児)で習う用語ばかりなので、
簡単に手話を覚えてもらえるかもしれませんよ。
漢字よりも先に手話を覚えちゃうかもしれませんね。

 

コンピューター技術の習得年齢はどんどん下がっていっています。
今の30代は中学校でパソコンをほんのちょっとしか触らなかったと思います。
まだワープロが現役であり、インターネットの概念も無かったかもしれません。
しかし今や小学生でもスマホを持つ時代になりました。
幼稚園生でもそうしたハイテク機械に触るのが当たり前になりつつあります。
幼稚園によっては、フォルスクラブのようなハイテク技術に
触れるカリキュラムを用意しているところもあるかもしれませんね。

主婦の間で喜ばれているフォルスクラブのプランは
「ライフサポートサービス」です。
家庭で困ったことがあったら、直ぐにフォルスクラブが助けてくれます。
こういったプランはかなり特殊ですが、
こうしたものが増えればフォルスクラブユーザーは
ますますフォルスクラブを好きになるでしょう。
では、今後どういったプランをフォルスクラブに搭載すると、
ユーザーは喜ぶでしょうか?
いくつかのプランが思いつきますが、
やはりコンテンツの種類を増やすのが最も喜ばれると思います。
既に10近いコンテンツが収録されていますが、
より多くの方々に使ってもらうには、機能の拡充は欠かせないと言えます。
相続診断士以外にも、測量士、ITパスポート、食品衛生管理者、
司法書士、理学療法士など、色々な資格を勉強できたら便利でしょう。

また、月会費が安くなるのも嬉しいです。
携帯電話のプランみたいに、
定額フラットや使いたい放題などを選ぶことが出来れば、
フォルスクラブの利用しやすさはさらに上がるでしょう。
もしくは、フォルスクラブの「幼児向け音感育脳アプリ」だけの
プランを用意してくれるとありがたいです。
そのコンテンツのみの使用で1アカウントだけでしたら、
540円くらいで利用できるのではないでしょうか。
いっそのこと月額制ではなく、買い切りタイプのプランがあると、
喜ぶ方は大勢いるかもしれませんね。
ただしフォルスクラブのコンテンツによっては
更新が必要なものがありますので、
買い切りタイプは使いどころを選ぶと言えます。
「手話講座」でしたら更新されることはほとんどないかもしれませんね。

体験型のプランも欲しいところです。
いきなり入会金を支払うのではなく、
3日間のお試しキャンペーンがあると喜ばれると思います。
もしくはホームページ上で「お試し版」というのを
無料ダウンロードできるとありがたいです。
こういったものは、実際にやらない限り良し悪しが分かりませんので、
全体の1%程度で良いので、お試しモードがあると、
フォルスクラブの魅力に多くの方が気付いてくれるのではないでしょうか。

 

あと、イングリッシュモードというのがあると面白いかもしれません。
フォルスクラブは日本のみの販売で、日本語のみの対応ですが、
それを全部英語にすると、英語の勉強になると思います。
英語を学ぶではなく、英語で英語を学ぶというのがポイントと言えます。
実際に海外留学したら日本語なんて一切ありませんので、
徹底的に英語漬けになれるためにも、
全説明を英語に対応したモードを搭載させるのはいかがでしょうか。

予算を考えるのは重要です。
車だって10万円前後で買えますが、維持費がかなり掛かります。
ガソリン代はもちろんのこと、車検、保険、修理などなど。
さらにはカーナビや椅子に設置するクッション、
カーシャンプー、ETCカードなど、細々としたものが必要になるでしょう。
駐車スペースも必要で、
自宅にそういったものがないとどこかの敷地を借りないといけません。
車を買うなら、それら全ての予算を考えないといけないのです。

 

フォルスクラブはどうでしょうか?
フォルスクラブをするのに必要な予算はいくらくらいなのでしょうか?
フォルスクラブの入会金と月会費はそれぞれ
10800円(税込)6480円(税込)と有名ですが、
それ以外に掛かる費用は意外と不明です。
家庭ごとに初期設備費が異なるため、
簡単に予算を見繕うことが出来ないとも言えます。

 

まず、フォルスクラブはインターネットを使います。
パソコンも必要であり、
それら周辺機器のオプションパーツも用意しないといけません。
パソコンを買っても、それを置くための場所を用意しないと、
どうすることも出来ません。
いつまでも段ボールをデスク代わりにしてはいけません。
パソコン関係の予算は10万円もあれば可能ですが、
問題はプロバイダ契約でしょう。
月々○○○○円という契約料が必要となります。
ただし、こういったものはフォルスクラブを
導入する前から取り揃えている家庭が多いでしょう。
そもそも、フォルスクラブの会員登録自体がネット経由です。
インターネットに繋がるパソコンがある前提なので、
周辺環境の予算は度外視しても良いでしょう。

フォルスクラブの予算を考えるなら、
フォルスクラブをいつまでやるかも検討したいところです。
基本的には恒久的にやり続けるために、
いくつものコンテンツが用意されていますが、
それでもやり尽くしてしまったら終わりを迎えます。
どんなゲームだっていつかは終わりを迎えるものなのです。
ひとつの区切りとしては、子供が大学に合格するあたりかもしれませんね。
フォルスクラブには幼児用のコンテンツもありますので、
幼児から大学生までは普通に使うことが出来そうです。
それゆえ、フォルスクラブを10年程度はする前提で予算を用意すべきと言えそうです。
月会費だけなので、10年間で77万7600円掛かると思った方が良さそうです。
途中で消費税が10%にアップしますので、実際は78万円くらいになりますね。
しかし、10年先を考えて予算を組む方は稀だと思います。
とりあえず、フォルスクラブは年間で7万7760円掛かる前提で予算を用意しましょう。

時代に合わせ少しずつ進化を遂げているフォルスクラブ。
オンライン型としてリリースした2007年の時代と比べたら、
今のフォルスクラブは完全に別物でしょう。
では、このフォルスクラブに
「こんな機能やコンテンツがあったら良いな」というものを考えるとしたら、
どのようなものがありそうでしょうか?
今の時代に合ったフォルスクラブには、どのような機能があると便利でしょうか?

ところでそもそもな話、10年前と今の時代では、何か異なる点はあるのでしょうか?
車はまだ空を飛びませんし、軌道エレベーター計画もほとんど進んでいません。
変わったのはスマホの容量くらいではないでしょうか?
むしろ、こうした電子機器はより高度になるにつれて、
起動時間が遅くなっていっている気がします。
一応、通信回線は10年前と比べてかなり早くなっていますが、
取り扱う通信量が増大したため、あまり変わっていないような気がしないでもないです。
と言う事は、今の時代に求めることは、起動速度ではないでしょうか?
フォルスクラブを、テレビを付ける速度でプレイ出来たら、かなり便利ですよね。

今の時代で気にしないといけないのは、電気代です。
電気料金は10年前に比べてかなり上がっており、
電子機器を使うフォルスクラブの勉強を躊躇してしまうかもしれません。
それゆえ、今の時代に合わせるならば、
太陽光発電機能付きのタブレットが欲しいところです。
電卓やガラケーでしたら、太陽光で充電できるタイプがあり、
そうした機能をタブレットに搭載すれば、
電気料金を気にせずフォルスクラブで勉強することが出来ます。
電気料金は今後もさらに上がっていきますので、
そうした時代でも生きられるように、
電気を自活できる環境を用意すべきと言えそうです。

勉強のシステムはどんどん進化していっていると言えます。
10年前は誰もタブレットを持っていませんでしたが、今は色々な人が持っています。
タブレットの無料配布キャンペーンはあらゆる企業(主に塾)が行っており、
初期費用を掛けずにフォルスクラブをタブレットですることも可能ですよ。
むしろ、フォルスクラブが無料配布キャンペーンをしています。

学校から紙が消えるかもしれません。
別に木材は足りていますが、
より便利なタブレットを教科書・ノート代わりに使う学校が増えているそうです。
まだまだ紙媒体が主流ですが、
いずれエヴァンゲリオンの世界(※2015年が舞台)のように、
教室でパソコン・タブレットを教科書感覚で使うのが当たり前になりますよ。

では、フォルスクラブが教科書代わりになるとしたら、
どのような内容になるでしょうか?
多分、既存のシステム・内容でフォルスクラブは十分、
教科書代わりになると思います。
フォルスクラブの高校生eラーニングは
非常に役に立つ教科書・参考書として評判になっており、
例題や問題も多数収録されていますので、
学校の予習・復習にピッタリなのです。
そして予習・復習にピッタリなので
そのまま学校の授業として使うことも可能!!
ただし、既存のシステムはあくまで「1人用」の教材です。
自習として使うように作られていますので、学校の授業で使うには、
これを「聴衆講義用」としてリニューアルする必要があると言えます。
例えば、電子黒板に記載した文字を
そのままタブレットに転送するようなシステムがあると嬉しいですよね?
逆に自分がタブレットペンを使って書いた文字を、
電子黒板に反映させる機能がフォルスクラブに欲しいところです。
むしろ、フォルスクラブがあれば、紙どころか学校が無くなっても大丈夫かも。
フォルスクラブの映像授業を使えば、登校せずとも授業を受けることが出来ます。

さて、電子媒体の需要が高まっていますが、
ひとつ紙媒体で勝てないものが存在します。
それは「同時に開く」です。
紙媒体の教科書・参考書・ノート・辞書でしたら、
頑張れば同時に開いて机に広げることが出来ますが、
電子媒体だとそのモニター以上のサイズで広げることが出来ません。
タブレットが机と同じサイズでしたら良いのですが、
大抵のタブレットはノートサイズです。
タブレットで教科書を開いたら、それだけで画面を占めることになり、
ノートや参考書を同時に開くことが出来ません。
もしも、フォルスクラブを学校の授業で使うようにするなら、
そうしたことに対応できるようにならないといけません。
と言うより、学校は教科書を電子版にしてタブレットを支給するだけでなく、
机を大画面モニターにすべきと言えます。
そうすれば、フォルスクラブの勉強もかなり捗ると言えるでしょう。

スポーツ系の通信教育はかなり多いです。
スポーツフードアドバイザーやスポーツリーダーやスポーツトレーナーなど、
そうした資格を学べる通信教育があります。
いずれフォルスクラブもそうした資格対策アプリを開発するでしょう。
ですが今回は敢えて
「スポーツ自体をフォルスクラブで学べないか?」について考えてみます。
「通信空手講座」みたいに、自宅でスポーツを学べたら便利ですよね?

【野球】
不思議なことに、「通信野球講座」はありません。
空手はあるのに、野球というスポーツは映像授業で学べないのでしょうか?
しかし、バッティングはかなり型を重視する筈です。
素振りの仕方ひとつとっても、それを正しくするかしないかで、
成果はかなり変わる筈です。
特にバンド技術は、独学で身に付けるのは不可能でしょう。
自分のバッティング技術があっているか、
ネット上の相手に添削してもらうのは如何でしょうか?
そうした機能をフォルスクラブに搭載させれば、
野球はかなり上達すると思いますよ。
日々の食事やトレーニングメニューなどもフォルスクラブが考案してくれると、
ありがたいですね。

【ハンドスピナー】
他のスポーツを挙げても野球と似たような内容になるので、
玩具系スポーツについて考えてみます。
ベイブレードやビーダマンも良いのですが今回は敢えて、
世界で空前のブームを引き起こしているハンドスピナーについて考えてみます。
これをフォルスクラブで学べるとしたら、どのような内容になるでしょうか?
恐らく、フォルスクラブの手話講座みたいに、
正しい回し方を学べるかもしれませんね。
また、ハンドスピナーをミニ四駆のように改造する方も居ます。
そうした改造テクニックもフォルスクラブでしたら、動画形式で教えてくれるでしょう。
ハンドスピナーは回すだけの遊戯で、誰が見てもスポーツとは言えませんが、
今ではハイパーヨーヨーと同じように、
エンターテイメント性の強いパフォーマンスとして注目されています。
そうした魅せる技術についてもフォルスクラブで学べたら、嬉しいですよね。

日本には数多くのカルチャー教室があります。
音楽教室、バレエ教室、琴、華道、茶道、手芸などなど。
色々なものがあります。
そうしたカルチャー文化をフォルスクラブで学べるとしたら、
どのような内容になるでしょうか?
今回はそのことについて考えてみたいと思います。
なお、英語教室も分類的にはカルチャーですが、
今回はソレは除外します。
「フォルスクラブで英語を学べるか?」は散々議論してきましたし、
むしろ「英語と言ったらフォルスクラブ」なので、
これ以上英語について語ることはないのです。

【音楽教室】
驚くべきことに、「音楽通信講座」というのは普通にあります。
こうしたものはどこかの教室に通って習うものだと思っていましたが、
今やテレビ電話のように、通信回線を使って指導ができるみたいです。
フォルスクラブも「幼児向け音感育脳システム」があり、
タブレットを鍵盤代わりに扱うことが可能です。
内容は幼児向けなので専門学校で学ぶレベルのものは収録されていませんが、
フォルスクラブが今後、プロレベルの教材を用意すれば、
自宅に居ながらにして音楽を学ぶことは出来そうです。
かなりイレギュラーですが、音楽教室でタブレットを持参して、
フォルスクラブの「幼児向け音感育脳システム」をやるというのも考えられます。
むしろ、幼児教室とかで普通にやっていそうです。

【華道】
生け花の通信教育は普通にあります。
柔道やバレエと違って、手取り足取り教えなくても、
見本となる映像を見せるだけでしっかりと学ぶことが出来ます。
フォルスクラブもこうした「生け花通信教育」を始められると思いますよ。
ただし、こうしたことをやるには、必ず副教材を用意しないといけません。
本物の花を用意しないと、華道は決して学べませんよ。
定額6480円が売りのフォルスクラブですが、
華道を学ぶには追加料金を支払うことになりそうです。
あと、フォルスクラブスタッフが会員に向けて
「生け花教室」を開くという案もありそうですね。

フォルスクラブはあらゆる教材が揃っている学習コンテンツです。
幼児向け音感育脳システムや高校生向けeラーニング、
大学入試対策講座など、あらゆることを学べる通信教材になります。
では、このフォルスクラブと他のeラーニングシステムを比べた場合、
どのような違いがあるのでしょうか?
システム的にどのような違いがあるのでしょうか?

【アルプスの少女ハイジで有名な家庭教師と比較】
社名は伏せますが、ここまでヒントを出せば99%の方は分かると思います。
この家庭教師は通信教育も提供しており、
そことフォルスクラブはどのようにシステムが異なるのでしょうか?
一言でいえば、この家庭教師が提供しているeラーニングは「映像授業」だけです。
フォルスクラブの大学入試対策講座オンリーになります。
その代わり数が非常に多く、授業数は4000にも上ります。
この家庭教師は一点に集中させていると言えます。
ちなみに、何故かこの家庭教師は「国語」を教えていません。
国語を学ぶには、フォルスクラブを使うしかないかもしれませんね。

【数学のヤマダで有名な塾】
「どなたかこの中に数学が得意な方は居ませんか?」のCMで有名な塾です。
この塾はeラーニングのシステムを採用しているのでしょうか?
調べたところ【CATS@Home】という名称で提供していることが分かりました。
タブレットやPCを使って勉強するオンライン学習システムで、
「復習」を主体にしている感じです。
その日、塾でテストした結果を帰宅時に【CATS@Home】で確認し、
間違えた部分を映像授業で確認し、
eラーニングの問題集を解き、自己採点、結果登録をします。
「塾に行かずに済むeラーニング」というより、
「塾でやったことの復習」として使うシステムのようです。
フォルスクラブとは用途が全然違いますね。

【Zマークの通信教育】
特徴としては「iPadスタイル」と
「テキストスタイル」の2種類が選べる点でしょうか?
フォルスクラブは電子媒体オンリーですが、
こちらは2種類から選べるシステムのようです。
実際の高校受験、大学受験は紙媒体の試験なので、
そういうのに慣れるためにも「テキストスタイル」は良いかもしれませんね。
ただし、こちらは「使いたい放題」ではなく講座数ごとで料金が発生しますので、
お金を気にせず勉強するならフォルスクラブのようなシステムが良いかも。

全地球測位システム、
もしくはグローバル・ポジショニング・システム(Global Positioning System)は、
今や私たちの生活の至る所で使われています。
昔は軍事用の飛行機や船、
エクスカリバー(※ミサイルの名前)くらいしか使われていませんでしたが、
今やカーナビ、スマホなど、色々なところにGPSが搭載されています。
迷子防止用のGPSセンサー付きシューズとかもありますよね。
ところでフォルスクラブのシステムにGPS機能を追加したら、
どのようなことが出来るでしょうか?
既にスマホやパソコンにGPS機能が搭載されていますが、
そのGPSを使ったゲームや勉強の教材をフォルスクラブに新規作成するとしたら、
どのようなものが出来るでしょうか?

カーナビ(地図案内)以外で私たちが最も使っているGPSでしたら、
現実世界とリンクしたARシステムでしょうか。
151匹の携帯怪獣を捕獲するゲームが人気だと思います。
そうしたゲームをフォルスクラブに搭載させるのも、
ある意味ありだと言えそうですが、フォルスクラブの本分は勉強なので、
そこまで熱心にモンスターを集めることは無いかもしれません。
いつでもどこでも勉強できるのがフォルスクラブの強みですが、
無理して外出を促す訳にはいかないのです。
むしろ事故の危険もあるため、家でじっくり勉強するに限ると言えます。

いつでもどこでも出来るフォルスクラブだからこそ、
現在の位置情報はあまり意味を為さないのかもしれません。
これが「○○駅の××のみで利用可能」というものでしたら、
GPSは大いに役に立つのですが、
そんな不便なシステムにしたら誰も使わなくなります。
子どもがいつどこでフォルスクラブにログインしているのかを
親が把握することが出来ますが、
「で、その情報は何に使えるの?」と首を傾げてしまうでしょう。
ログイン時間だけ見たいのでしたら、GPSに頼る必要は一切ありませんよ。
現在位置を知りたければ、スマホのGPS機能で事足ります。
フォルスクラブのふぉるぱで、「この問題集をプレイしている人は、
関東で5人、関西で3人です」と分かっても、「だからなに?」となってしまいます。
GPSは非常に優秀な機能ですが、eラーニングの分野においては、
あまり意味を為さないのかもしれません。

そういえば、フォルスクラブは全国の児童養護施設に対して
無料で学習教材を配っていましたね。
その際、パスワードとIDを配っていますが、GPS機能を使って
「この座標でログインする場合は、パスワード無しでも入れる」といった様にすれば、
パスワードを忘れても大丈夫です。
施設はヒトと違って動きませんので、Wi-Fiの無料スポットのように、
そんな感じでGPS機能をフォルスクラブに搭載させると、
ログインが非常に楽になるのですが、如何でしょうか?

フォルスクラブにチャット機能、欲しいですよね。
友達同士で駄弁るのは電話でもLINEでも可能ですが、
先生とは気軽に出来ません。
フォルスクラブは自主学習用として優秀な教材ですが、
時には質問だってしたいですよね?
高校生向けeラーニングのコンテンツにて質問をすることが可能ですが、
それはメールです。
多くの方が言葉でコミュニケーションを取りたいと思っている筈です。
フォルスクラブのサポートサービスのように、電話で相談できたら便利ですよね。

まず、チャットにはいくつか種類があります。
すべてに共通して言えることは、リアルタイム通信になります。
文字だけのテキストチャット、音声だけのボイスチャット、
映像と音声を合わせたビデオチャット(テレビ電話)など色々ありますよね。
中にはお絵かきチャットなんてものもあるそうです。
そしてフォルスクラブで導入したいのは、やはりビデオチャットでしょう。
というのも、コミュニケーションを取るなら、
相手の表情や口の動きも同時に把握したいからです。
特に英語においては、表情や口の動きも重要な情報です。
口の動きから「a」と「ʌ」の違いを把握することも出来るかもしれません。
英会話チャットを行っている英会話スクールはたくさんありますが、
フォルスクラブでも同様のことが出来れば、
従来のフォルスクラブで出来なかった「スピーキング」を
習得することができるようになりますよ。

あと、フォルスクラブには手話講座があります。
これにもビデオチャット機能が搭載されれば、
より本格的な手話を習得することが出来るようになります。
このようにフォルスクラブにチャット機能が追加されれば、
勉強の効率は各段にアップすることでしょう。
ただし、コストの方も跳ね上がるのでそう簡単にはいきません。
チャット機能とはすなわち、人間を用意することになります。
現在、フォルスクラブ会員が何人いるか分かりませんが、
その会員全員を同時に指導できる講師を用意するのは、
事実上不可能と言えます。

コスト的に実現可能な手段を考えるならば、
フォルスクラブ会員同士のチャットが良さそうですね。
ネットゲームではランダムマッチというのがあって、
世界中の人と無差別にバトルが出来ますが、
そうしたものをフォルスクラブに搭載させて、
世界中(でもフォルスクラブは日本専用の教材)の人たちと
英会話チャットが出来たら、すっごく面白そうだと思うのですが、
如何でしょうか?