カテゴリー
ねずみ講 フォルスクラブ

フォルスクラブと関係ないねずみ講と不幸の手紙

ねずみ講と不幸の手紙の関係

フォルスクラブ世代にはあまり馴染みのないものですが、不幸の手紙は最近は紙媒体が来ることがなくなったこともあってあまり聞くことがありません。しかしメールでは、チェーンメールみたいなものが来たことがある人は多いのではないでしょうか。ねずみ講は、ある意味この不幸の手紙と似ているといえます。

カテゴリー
ねずみ講 フォルスクラブ

良質なサービスを持つフォルスクラブはネズミ講ではない

知名度が抜群だから疑われることもある

それなりに知名度があって広告も見かけるフォルスクラブは、集客に熱心なネズミ講だと勘違いされることがあります。特にインターネット上での広告を目にすると勘違いする人が増えますが、提供されているサービスをしればそれが誤りだと気付くでしょう。サービス内容を簡単に述べてみましたが、スマートフォンやタブレット、パソコン等があれば、自由に様々なコンテンツで学習できる仕組みを提要している会社のようです。もちろん学習系でも詐欺のように取り扱われるところがあるのは事実ですが、フォルスクラブはきちんとしたコンテンツを兼ね備えた優秀なサイトですので、これから利用しようと考えている人は安心して登録しましょう。

ネズミ講だと勘違いされている理由とは

フォルスクラブという名前は非常にたくさんの人に知られているので、会員を獲得するためにネズミ講のような仕組みを構築しているのではないかという人もいます。実際には運営面でも怪しい部分はありませんが、紹介制度というものがあるのを見つけて、気になったので調べてみました。一般的には会員登録をした人がインターネット上から申し込みをしてダウンロードする形になっていますが、それ以外にも紹介制度があって、一般の人が販売者になれるようです。ただし、これはネズミ講とは全く違うシステムであり、プレミアムメンバーになると教材を紹介できるようになる仕組みが誤解されているのかもしれません。リーゾナブルな月額制も怪しまれる理由になっている可能性がありますが、これは消費者から見たら嬉しい限りです。

批判的に見ている人でも教材への評価は高い

批判的な目でフォルスクラブのサービスを見ている人であっても、教材に関しての評価は高いのが面白いところです。一つのコースを試してみて、それで満足のいく結果が得られたら別のコースを希望するという形で受講していく人も多いので、内容的には申し分ないと言えるでしょう。フォルスクラブという名前だけでネズミ講だという人たちは、そもそもサービスの内容自体を全く知らないことも多いので、そういった人たちにはまずは詳しく調べて欲しいと感じます。多くの人がフォルスクラブに反応するのは、それだけ知名度が高い証拠ですが、噂によって風評被害を受けることがあるのも気になるところです。

自宅学習に最適なフォルスクラブはネズミ講ではないので安心

結論としては、自宅学習に最適なコンテンツがたくさんあるフォルスクラブは、ネズミ講ではありませんので安心して利用できます。誰でも気軽に試せるような価格設定になっていますので、気になっている人はまずは一つだけ試してみましょう。実際にネズミ講ではないと確信するためには、自分の目で見てみるのが一番です。最近では大人になっても様々な学習を続ける人が増えていますが、学びたい気持ちを大切にする人たちにも広く受け入れられているようです。

カテゴリー
ねずみ講 フォルスクラブ

ねずみ講のようなレビューが無いフォルスクラブ

フォルスクラブにはねずみ講のようなレビューがありません。詳しく解説していきます。

ネットに蔓延しているという悪質なサクラレビュー

レビューや口コミは、商品購入を検討する際に非常に役に立つものです。Amazonなど大手ショッピングサイトには、購入者のレビューが多数掲載されています。しかし最近、ねずみ講のような悪質なサクラレビューを書く業者が増加しているようです。嘘のコメントやレビューは、消費者にとって非常に迷惑な存在だといえます。なぜねずみ講のようなサクラレビューを行う業者が、存在しているのでしょうか。その理由は、消費者をだまして質の悪い製品やサービスを売ることにあると考えられます。フォルスクラブなら、そうした悪質なレビューに悩まされる心配はありません。フォルスクラブはそもそも質の高いサービスを提供している会社ですから、そうした行為に頼る必要がないといえるでしょう。

サクラレビューの具体的な手法とは

Amazonには星マークで商品やショップを評価するシステムが備わっています。高評価する人が多くいれば、星の数が増えていくという形です。ひと目見ただけでその商品の評価がわかるようになっているため、非常に便利な仕組みだといえるでしょう。しかしねずみ講のようなレビューを行う業者によって、星の数が操作されてしまうこともあるといいます。悪質な業者は、1円で商品を購入した後、実際には発送を行わず口コミだけ書く、といった手法を用いているのです。システム上は購入者による評価ということになるため、消費者が嘘を見抜きにくくなってしまいます。ねずみ講のような行為を利用しないフォルスクラブなら、こうした嘘の口コミに惑わされることはありません。実際の評価を見た上で、安心してフォルスクラブを利用することができるのです。

不正アクセスをする業者の存在

ねずみ講のようなレビューを行う業者から、不正アクセスを受けた、という人もいます。他人のアカウントを乗っ取って商品を購入し、評価を投稿するという、非常に迷惑な行為です。他人のアカウントを乗っ取れば、ねずみ講のように新しいレビューを増やしていくことができます。嘘のレビューや評価に惑わされたくない、そんな場合にはフォルスクラブで学習をすることが役立つかもしれません。フォルスクラブは様々なタイプのeラーニングを提供しているため、誰でも自分にあうコンテンツを見つけて、実践していくことができます。

悪質業者から身を守るために

ねずみ講のようなサクラレビューを投稿したり、不正アクセスを行うような悪質業者には、しっかりと対策を行わなくてはなりません。ネットショップなどサービス提供側も、様々な対策を行っているでしょう。しかしそうした悪質業者は次から次へと新しい手口を開発していくものです。ねずみ講のような手口に対しては、自衛を行っていくことが大切だといえます。フォルスクラブのeラーニングなら、自分に合ったペースで学習を進めることが可能です。フォルスクラブで思考力や洞察力を磨くことが、自己防衛につながります。

カテゴリー
ねずみ講 フォルスクラブ

フォルスクラブでねずみ講に騙されない知識を身につける

●ねずみ講の手口は巧妙化している

ねずみ講に騙されることはないと自信を持って言える人も多いかも知れませんが、実は引っかかってしまった人も同じだったりします。
そして、騙されてしまった人は揃って自分がまさか引っかかるとは思わなかったと口にするのです。
話を聞けば簡単に引っかかるわけがないと思いがちですが、ねずみ講の手口というのは巧妙なものであり、実際にその場になると信じてしまうことも少なくありません。
だからこそ常日頃からフォルスクラブのような便利なツールを使って、情報収集を欠かさずに知識を身につけることを心がける必要があるのです。

●ねずみ講対策に知識を蓄える重要性とは

ねずみ講の被害に遭わないためには、なぜ知識を蓄えることが重要なのかというと、相手の話に矛盾点やおかしい部分があれば知識をもとにして、何かあると判断をすることができるためです。
知識がなければ、相手の言っていることが正しいのか間違っているのかわからず、そもそも怪しいとすら考えることなく被害に遭ってしまうことがあります。
常日頃から情報収集を欠かさずに知識を蓄えていれば、ねずみ講の話が飛び込んできても警戒をすることができるのです。
フォルスクラブは直接ねずみ講の対策をするものではありませんが、学習の習慣を身につける、知識を蓄えるという意味では非常に役に立ちます。
いろんな知識があれば、自ら考える力も身につくことになるので、真新しい事象でも冷静な判断ができます。

●フォルスクラブは楽しく勉強ができる

ねずみ講の被害に遭わないためとは言っても、勉強をするのは苦手でつまらないという人も多いものです。
確かに勉強は辛く苦しいこともありますが、決してつまらないものではなく楽しんで行うことも不可能ではありません。
フォルスクラブを用いれば、楽しく学習をすることができるので無理なく学力をつけることができ、更に自然と学習習慣ができます。
好きこそものの上手なれという言葉があるように、楽しんで勉強をすることができれば、その効果は何倍にもなってあらわれることになりますから、勉強は苦手と感じているのであればフォルスクラブを利用して勉強をしてみると良いでしょう。

●フォルスクラブは料金も手頃なのが嬉しい

フォルスクラブの良いところは楽しく勉強ができることに加えて、料金も手頃であるというところも見逃すことはできません。
いくら、ねずみ講対策といえどもそこで高いお金を出すことになってしまっては本末転倒です。
フォルスクラブであれば、僅かな月額料金で利用をすることができ、スクールに通うよりもずっとリーズナブルな金額で済むので経済的な負担が少ないメリットがあります。
更に家族で利用をすることもできるようになっているので、家族全員で楽しく勉強をしてねずみ講の対策にもなり、それでいて僅かな月額料金で済むというのは非常に魅力的なものです。
勉強をするにはお金がかかると思っている人は、フォルスクラブを試してみるとお金をかけなくても勉強ができることを理解できます。

カテゴリー
ねずみ講 フォルスクラブ

フォルスクラブはネズミ講と違い犯罪ではない

●ネズミ講は犯罪

ネズミ講は最終的に必ず破綻をする性質を持っていることから、日本では法律によって禁止をされています。
必ず破綻をするにもかかわらず儲けが出るように増えまわって、子会員を集めるネズミ講は詐欺といっても良いでしょう。
どのようなビジネスであってもリスクはありますから、リスクがあることが必ずしも悪というわけにはなりませんが、ネズミ講に限って言えば必ず破綻をしてしまうため、法律によって禁止をされていることからしてはいけないこととなっています。
自分が引っかかる分には自己責任で住みますが、更に会員を増やそうとすれば自分自身も犯罪者になってしまう恐れがあるので十分に注意しなければなりません。

●フォルスクラブは犯罪でもなんでもない

フォルスクラブはネズミ講と呼ばれたり、詐欺だと言われたりしますが、実際はどうなのかと言えば犯罪でもなんでもなく一つのサービスにしか過ぎません。
何一つ法律に触れるような部分はなく、利用料金も一般的なものでありますし、むしろ他のサービスと比較をしてもリーズナブルなものとなっています。
ITを駆使した教育システムでしかありませんから、フォルスクラブ自体に犯罪となる要素は皆無なのです。
フォルスクラブのような教育システムや学習システムを販売することも法律で禁止はされていませんし、コンテンツの内容に関しても法に触れるものは一切ありませんから、何一つ問題となることはありません。

●フォルスクラブには実態がある

フォルスクラブが犯罪でもなんでも無い大きな理由の一つに、商品としての実態があることがあげられます。
フォルスクラブを契約すればサービスを利用することができますし、情報端末を購入すれば端末自体が手に入ります。
何の実態のないものを取引するネズミ講とは全く違って、しっかりとサービスを受けることができますし、実物が手元に入ってくるわけですから、ここでも法に触れる要素は皆無と言えます。
これがフォルスクラブに加入をして会員を集めるとお金になるという仕組みであれば、ネズミ講まがいとなり法に触れる可能性が出てきますが、フォルスクラブ自体は実態のあるサービスであるため犯罪でもなんでも無いのです。

●フォルスクラブはごく普通の商品

結論を言えばフォルスクラブはごく普通の商品であり、教育関連のサービスでありそれ以上でもそれ以下でもありません。
ネズミ講の要素は一切ありませんし、詐欺的な要素も一切なく法に触れる部分はまったくないのです。
仮に運営している企業が何かしら別の部分で法に触れることをしていたとしても、フォルスクラブ自体は何の問題もないわけですから、安心して利用をすることができます。
これがもし犯罪となってしまうようであれば、似たようなサービスはすべて犯罪ということになってしまいます。
誤解からフォルスクラブを犯罪扱いする人は少なくありませんが、決してそのようなことはないので勘違いしないようにしましょう。

カテゴリー
ねずみ講 フォルスクラブ

一般的に言われているねずみ講とフォルスクラブはどのように違うか

【ねずみ講とはなにか?】
ねずみ講の説明をする前に、
筆者が中学校の時に習ったギャンブルの必勝法を紹介します。
それは、常に「負け金の1倍プラスα」の掛け金を賭けるというものです。
分かりやすく丁半博打を例に取って説明します。
配当も分かりやすいように、きっかり2倍です。
まず最初に10円を賭けます。
勝てば儲かりますが、負ければマイナス10円です。
そして負けたら次は11円を賭けます。
これに勝てば22円となり、トータルで2円の儲けです。
負けたらトータルで21円の損失です。
負けたとします。
なので次は22円を賭けます。
これを延々と続けて、勝つまでやります。
確率が2分の1なので、よほど天に見放されるか、
イカサマされない限り、いつかは勝てます。
分母(元手の資金)が無限なら、いつかは勝てるのです。

ねずみ講の話をします。
ねずみ講は無限連鎖講とも言われており、
これは分母が無限ならいつまでも全員が儲けられる夢のようなシステムになります。
しかし地球の人口は有限です。
大体70億人しか居ません。
それゆえ、確実にねずみ講で儲けられるのは上位陣のみになります。
底辺は決して儲けることが出来ず、
それゆえ国はねずみ講の商売システムを禁止にしたのです。
ねずみ講は幸せになる人に対して、
不幸になってしまう方が指数関数的に増大する悪魔のようなシステムなのです。
記録によると、天下一家の会が112人の方を犠牲にして、
1900億円も荒稼ぎしたと言われています。

あと、定義としてはねずみ講は
「商品の取引をせず、金品のみの受け取り」となります。
一方でマルチ商法は「商品の取引をする」というものです。
しかし、物を介するか否かの違いなので、
「ねずみ講=マルチ商法」と認識している方は多く、
事実、被害の状況もほとんど変わりません。
このあたりの説明は非常にややこしいので、
本稿では「ねずみ講=マルチ商法」として扱っていきます。

 

【フォルスクラブとはなにか?】
フォルスクラブは通信教材です。
フォルスクラブの会員が何人居るかは分かりませんが、
流石に112万人も居ないと思います。
でも、某有名な通信教育は国内だけで245万人も居るようなので、
もしかしたらフォルスクラブも100万人の会員数をちゃっかり抱えているかもしれません。
しかし、フォルスクラブはそうした会員数の数え方に対して明らかな、ビハインドがあります。
それはフォルスクラブが1契約に対して5人分のアカウントを支給しているということです。

仮にフォルスクラブの契約数が20万個あったとしたら、
プレイヤーの数は100万人に到達することになります。
とは言っても、5人全員がやるとは限らないでしょう。
4人家族でしたら、必然的に4人しかフォルスクラブをしません。
とりあえず、1契約で3人以上すると仮定してみますが、
その場合だとフォルスクラブの契約数が80万もあれば、
某有名な通信教育に匹敵するプレイヤーを確保していることになりそうです。
フォルスクラブは複数のコンテンツを備えた通信教材になりますので、
子供から大人まであらゆる方が勉強できるeラーニングなのです。

 

【フォルスクラブはねずみ講なの?】
フォルスクラブをねずみ講と思っている方は多いですが、全然違います。
ねずみ講の最悪なところは、指数関数的に増えてしまう点です。
イメージとしてはゾンビウイルスです。
噛まれた相手もゾンビになるアレです。
そしてフォルスクラブにはそんなシステムはありません。
フォルスクラブのプレミアム会員はフォルスクラブを売る権利を持っていますが、
その人たちからフォルスクラブを買っても
「フォルスクラブを売る権利」までは手に入らないのです。
ちょっとフォルスクラブがゲシュタルト崩壊してきましたが、
要は「一代限り」で、繁殖力は一切ないのです。
親元が頑張って販売することになりますので、
ねずみ講のように加速度的に増えることだけは絶対にないのです。

 

【まとめ】
フォルスクラブはねずみ講ではありません。
これに関しては断言できます。
しかし、噛まれた方は
それをねずみ講のような感染能力を持つかどうか知りません。
病気にはなりますが、それが第三者へと感染してしまうものなのか、
知る由がないのです。
正確には知ることが出来ますが、
噛まれた方からしたら二次感染の有無は全く関係ないでしょう。
ゾンビになった方々は「これはねずみ講ではない」なんて思考は一切持たず、
ただ自分の不幸を嘆くものなのです。
原理がねずみ講と似ているため、
そうした方の多くが「フォルスクラブはねずみ講」と騒いでいるだけなのです。