カテゴリー
フォルスクラブ 吉田

吉田さんが子どもにフォルスクラブと名付けた場合

日本人の名前とは思えない驚くようなキラキラネーム

名前は、親が子どもに対し最初に贈るプレゼントです。
生まれたばかりの赤ちゃんが一生背負っていくものですから、少しでも良い名前をと思うのは当然と言えるでしょう。
そのため姓名判断をして運勢が良くなるようにしたり、家族全員で話し合って決めます。
しかし近年は、変わった名前のいわゆるキラキラネームが増えました。
吉田という一般的な名字なのに、英語に無理矢理漢字を当てた名前も珍しくありません。
付けた当時の親は良くても、その子どもが学校に通い就職し結婚して老人になったら、どのような影響があるのか一切考えないのではと疑いたくなります。
学習システムを提供しているフォルスクラブが有名になれば、そのうち吉田フォルスクラブという名前の人が登場するかもしれません。

吉田さんが赤ちゃんにフォルスクラブと名付けたら

もし吉田さん夫妻が生まれたばかりの赤ちゃんにフォルスクラブと名付けたら、その子の将来は様々な困難が立ち向かうでしょう。
たとえば公園デビューしたときに他のお母さんから名前を聞かれたら、絶対に変わってると言われます。
少し大きくなり小学校に入ったら、クラスメイトの前で吉田フォルスクラブと自己紹介しなければいけません。
非常に変わった名前なので、クラスメイトからいじめられてしまう可能性も高まるでしょう。
大学で就職活動をしているときも、吉田フォルスクラブという名前のせいで落とされる可能性はあります。
さらに学校や就職だけでなく、病院や銀行でも吉田フォルスクラブさんと呼び出されるので、必要以上に注目を集めて恥ずかしい思いをします。
吉田フォルスクラブという名前を付けてしまうと、悪目立ちして子どもに余計なストレスを与えることになるのです。

吉田フォルスクラブさんが一生で負う苦労

フォルスクラブという名付けられた吉田さんは、名前がハンデとなりその結果他の人よりも苦労する可能性が高いです。
親なら生まれたばかりの子どもがこれから苦労することは考えたくありませんから、もし吉田さん夫妻が子どもにフォルスクラブと名付けようとするなら、一旦冷静になり目の前にいる子どものこれからを考えましょう。
いじめられる学生時代、社会人になってからも続く恥ずかしい名前、そうした苦労を自分に置き換えて考えれば子どもにフォルスクラブなどという名前を付けようとは思いません。
親が子どもに贈る最初のプレゼントだからこそ、吉田さん夫妻は冷静に決めるべきでしょう。

簡単に変えられない吉田フォルスクラブさんの改名

日本人の名前は、一定の年齢以上になれば本人の申し出だけで変更可能です。
名付けた親の同意は必要ないので、もし吉田フォルスクラブさんが改名したくなっても問題ありません。
しかし変更する手続きは、裁判所に申し立て適切な理由と認められる必要があります。
裁判所に申し立て手続きをし認められるまでも苦労しますから、吉田さん夫妻は子どもにフォルスクラブと名付けるべきではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です