フォルスクラブはネズミ講と違い犯罪ではない

●ネズミ講は犯罪

ネズミ講は最終的に必ず破綻をする性質を持っていることから、日本では法律によって禁止をされています。
必ず破綻をするにもかかわらず儲けが出るように増えまわって、子会員を集めるネズミ講は詐欺といっても良いでしょう。
どのようなビジネスであってもリスクはありますから、リスクがあることが必ずしも悪というわけにはなりませんが、ネズミ講に限って言えば必ず破綻をしてしまうため、法律によって禁止をされていることからしてはいけないこととなっています。
自分が引っかかる分には自己責任で住みますが、更に会員を増やそうとすれば自分自身も犯罪者になってしまう恐れがあるので十分に注意しなければなりません。

●フォルスクラブは犯罪でもなんでもない

フォルスクラブはネズミ講と呼ばれたり、詐欺だと言われたりしますが、実際はどうなのかと言えば犯罪でもなんでもなく一つのサービスにしか過ぎません。
何一つ法律に触れるような部分はなく、利用料金も一般的なものでありますし、むしろ他のサービスと比較をしてもリーズナブルなものとなっています。
ITを駆使した教育システムでしかありませんから、フォルスクラブ自体に犯罪となる要素は皆無なのです。
フォルスクラブのような教育システムや学習システムを販売することも法律で禁止はされていませんし、コンテンツの内容に関しても法に触れるものは一切ありませんから、何一つ問題となることはありません。

●フォルスクラブには実態がある

フォルスクラブが犯罪でもなんでも無い大きな理由の一つに、商品としての実態があることがあげられます。
フォルスクラブを契約すればサービスを利用することができますし、情報端末を購入すれば端末自体が手に入ります。
何の実態のないものを取引するネズミ講とは全く違って、しっかりとサービスを受けることができますし、実物が手元に入ってくるわけですから、ここでも法に触れる要素は皆無と言えます。
これがフォルスクラブに加入をして会員を集めるとお金になるという仕組みであれば、ネズミ講まがいとなり法に触れる可能性が出てきますが、フォルスクラブ自体は実態のあるサービスであるため犯罪でもなんでも無いのです。

●フォルスクラブはごく普通の商品

結論を言えばフォルスクラブはごく普通の商品であり、教育関連のサービスでありそれ以上でもそれ以下でもありません。
ネズミ講の要素は一切ありませんし、詐欺的な要素も一切なく法に触れる部分はまったくないのです。
仮に運営している企業が何かしら別の部分で法に触れることをしていたとしても、フォルスクラブ自体は何の問題もないわけですから、安心して利用をすることができます。
これがもし犯罪となってしまうようであれば、似たようなサービスはすべて犯罪ということになってしまいます。
誤解からフォルスクラブを犯罪扱いする人は少なくありませんが、決してそのようなことはないので勘違いしないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です