フォルスクラブの組織が三角形だからマルチ商法に見える

フォルスクラブはマルチ商法ではなかった

決してフォルスクラブはマルチ商法と言うわけではないけれど、そうではないかと疑われることがあります。これは、組織がピラミッド型になっているからではないでしょうか。まさしくこれこそがマルチ商法の組織に合致するために、多くの人が勘違いするのでしょう。
全く関係ありませんし、とても健全にサービスを提供しています。インターネットを活用したサービスを提供していますので、これからますます利用者が増える可能性があります。今はまだ、利用したことがない人もサービス内容を知れば、とても魅力的で利用してみたいと思うかもしれません。

ピラミッド型以外で表現することは可能なのか

そもそもマルチ商法を説明する時によくピラミッドが使われます。どこで説明を聞いても使われていると感じていませんか。そろそろ他の三角形に例えを変えても良いのではないかと思っている人が多いのかもしれません。そもそもピラミッドは日本のものではありませんし、日本のもので例えて欲しいと思っていませんか。
もしも、日本のものでピラミッドを置き換えるとしたら富士山かもしれません。誰もが知っていると言って良い山です。日本で一番高いですし、富士山の方が想像しやすいかもしれません。ただ、富士山だとあまりにも印象が良いですし、富士山信仰もあるので他の三角形も考えてみます。

フォルスクラブとは無縁だが三角形を考えよう

もちろん、フォルスクラブはマルチ商法とは関係ありませんが、マルチ商法を説明する時の三角形をもう一度考えてみましょう。ソフトクリームの入れ物のコーンは分かりやすいかもしれません。とても身近ですし、想像しやすいとは思いませんか。少し細すぎるかもしれませんが、三角形です。
もっとピラミッドに近い三角形と言えばおにぎりが良いかもしれません。デザートの方が良いならショートケーキもあります。食べ物で考えると三角形はたくさん出てきます。フォルスクラブとは遠くなっていきますが、むしろその方が良いかもしれません。フォルスクラブがマルチ商法ではないので、そう言う観点で三角形を探すのも悪くはありません。

フォルスクラブを安心して使ってみよう

ピラミッド型の組織とは言え、フォルスクラブをマルチ商法だと思わないようにしましょう。利用者もたくさんいますし、芸能人がイメージキャラクターを務めたりしています。おにぎりのような形の三角形の組織になるとは言え、内容をよく見てから判断すべきです。
もしも、フォルスクラブはマルチ商法ではないかと疑っている人を見かけたら、実際にどんなサービスを提供しているのかを確かめてみてください。きっと誤解しているのではないでしょうか。組織図だけを見て、怪しいと感じることはよくあることです。だからこそ、フォルスクラブもマルチ商法と疑われてしまったのでしょう。そして、ピラミッド型を食べ物等に置き換えて説明することも考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です