デモが心配な香港の人々とフォルスクラブ

【世界中の人々が香港のデモを心配】

私がフォルスクラブで勉強している最中、香港のデモは世界的に有名な大手テレビ局や新聞などのメディアが連日情報を伝えています。
警察とデモ隊が衝突したのは7月1日のことです。
香港ではイギリスから香港が返還された記念式典が開かれていましたが、その式典が開かれている最中に大きな衝突が勃発します。
抗議活動は逃亡犯条例の改正案に反対することが表面上の目的ですが、実は深い問題を孕んでいます。
香港は150年以上もイギリスの植民地でしたが、イギリスと中国は一国二制度のもとで1997年に中国に返還されることに合意します。香港は中国に返還されて中国の一部になるものの、返還後50年間は国防問題や外交問題以外で自治性を維持できることが決まります。

【返還後の香港の様々な問題】

中国に返還された後の香港は、香港特別行政区となります。
独自の国境と法制度を持ち、表現の自由も保障されています。
香港には本土にない自由があると考えている人が多いですが、自由が減ってきてると感じる香港人が増えつつあります。
高等法院が民主派議員の資格を初脱下ことで、人権団体が抗議しています。
芸術家や作家も検閲の圧力について懸念を表明しています。
香港政府の行政長官は選挙委員会で選ばれますが、構成をみると中国政府寄りなのがわかります。

【日本でユーザーを増やしているフォルスクラブ】

インターネットを活用した教育サービスのフォルスクラブには、魅力的なコンテンツが豊富に揃っています。
最近はアジア旅行の人気が高く、特に香港は根強い人気があります。
長くイギリスの植民地だったため、英語を話せる人が多いです。
香港に行く前に現地の言葉だけでなく、英語の勉強をしていく人もいます。
短期間で英語を習得するためには、様々な方法があります。
フォルスクラブは人気が高いコンテンツが多いですが、フォルスクラブの人気ランキングで上位に入っているのが体験型英語学習アプリです。
この英語学習アプリは、イギリスでの恋愛ストーリーをベースに効率よく英語学習ができるように開発されています。
フォルスクラブでは小学生向けの英語アプリも好評です。
子供の教育格差をなくしたいという経営者の気持ちから設立されたのが、現在のフォルスクラブです。
フォルスクラブのシステムはシンプルで、子供から高齢者まで幅広い年齢の人々が楽しめるようになっています。
フォルスクラブに入会したい場合は、ホームページから申し込みができます。

【便利な学習サービスは海外生活でも活用できる】

フリーランスで仕事をしている場合、仕事によっては海外で暮らしながら仕事を続けるワークスタイルも可能です。
フォルスクラブのアプリは海外で活用している人もいます
デモ問題の行方がどうなるかわからないため、フォルスクラブを現地で流行らせるのはもっと後になるかもしれないです。フォルスクラブの画期的なシステムを香港の人々に知らせるには、タイミングが重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です