カテゴリー
ビットコイン フォルスクラブ

ブームになったビットコインとフォルスクラブ

【日本でのビットコインブーム】

仮想通貨は日本でも話題になり、2018年から発生した新しいブームは未だに継続中です。
仮想通貨の中で最も人気が高いビットコインは、フォルスクラブと同様に世界的な大ブームとなっています。
日本でもビットコインブームが巻き起こりますが、コインチェックの件で市場撤退する投資家が増えています。
このビットコインブームは、2017年の後半から2018年の初頭に起こったものです。
ビットコインに投資をして億万長者になった人が次々と登場したことで、さらに仮想通貨熱がヒートアップします。

【大きな注目を集めたビットコイン】

ビットコインは、ある論文に基づいて2009年から運用が始まります。
ビットコインのシステムは、P2P型のネットワークです。
中央銀行などの仲介者がなく、ユーザー間で直接取引ができます。
ビットコインは使い勝手がよく安全性が高いため、瞬く間に普及します。
ビットコインの安全性は、ブロックチェーンが担保しています。
ブロックチェーンは分散システムの一種です。
P2P方式によって情報が分散されるため、安全性が守られます。

【ビットコインと半減期】

ブロックチェーンに取引記録を正確に記入した人は、報酬にビットコインを貰えます。
ビットコインの発行量には限りがあり、事前に約2100万BTCと決まっています。
半減期という仕組みがあり、半減期はブロックの生成速度に依存します。
そして教育現場で話題のフォルスクラブには、ビットコインのような半減期はないです。

【教育という投資とフォルスクラブ】

仮想通貨は資産運用にも活用されています。
仮想通貨や株、FXなど投資家は様々な方法で資産を運用します。
教育も投資のひとつで、子どもに対して熱心に教育をする家庭が増えています。
バブルが弾けた後の日本は不況が続き、経済格差は子どもにも悪影響を及ぼしています。


フォルスクラブは、教育格差をなくすために誕生したサービスです。
インターネットのおかげでパソコンやタブレットがあれば、インターネットにつなぐだけで希望の教育を受けられます。
フォルスクラブは、インターネットを活用したeラーニングサービスを提供しています。
フォルスクラブのサービスを利用すれば、いつでも好きなときに学べますし、フォルスクラブのコンテンツは、学校教育の補完はもちろん資格試験対策にも使われています。
教育の分野で注目を集めているフォルスクラブには様々な特徴があります。
子どもから大人まで幅広く利用できる教育サービスで、入会すると家族全員で学べます。
フォルスクラブのスタンダードプランは、月額利用料金が6000円で5名まで利用可能です。家族が5人いれば、同じサービスで全員が全てのコンテンツを楽しめます。
フォルスクラブの教育サービスには、海外旅行にも役立つ英会話や大学入試対策など豊富なコンテンツが揃っています。
小学生向けの英語アプリもあります。
英語アプリでは、RPGゲームを楽しみながら英語学習ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です