カテゴリー
フォルスクラブ 香港

フォルスクラブと香港にはどういった関係があるのか

【フォルスクラブと香港の関係】
フォルスクラブの香港。
この2つの関係性を気にしている方は多いでしょう。
フォルスクラブのサービスを利用することで、香港に行けると思っている方は多いかもしれません。
昔はそうだったかもしれませんが、今はそうではありません。
今回はそのあたりを紹介していきたいと思います。

 

【香港への旅行ツアー】
かつて、フォルスクラブは香港への旅行ツアーを行っていました。
旅行というよりも、どちらかと言ったら「株を買う」のが主目的だったかもしれません。
株くらい日本で買えば良いと思っている方がほとんどだと思いますが、
実は香港の株は香港に行かないと買えないのです。
正確には、香港の株を買うのに必要な銀行口座は、直接香港の地に降り立たないと開設できないのです。
ネット上の申し込みだけでは、香港の銀行口座を手に入れることは不可能。
だからこそ、フォルスクラブはこうしたツアーを組んで連れていったのです。
では何故、フォルスクラブは株を買うためのツアーを組んだのでしょうか?
こればかりは正解を見つけるのが難しいです。
例えるなら、「アナタは何故、株を始めたのですか?」と問うようなものかもしれません。
「お金儲けがしたいから」が最多ですが、もしかしたらフォルスクラブも
そんな感じでこのツアーを企画したのかもしれませんよ。
でももしかしたら、「ついでだからやった」可能性も否定できません。
フォルスクラブのコンテンツのひとつであるLEARNING EYESは英語のホームドラマであり、
その撮影場所として香港を採用している可能性があります。
そうした撮影のオマケとして、香港ツアーを計画していたかもしれないのです。
もしもフォルスクラブがニューヨークで撮影していたら、
ニューヨーク株を買うためのツアーを組んでいたかもしれませんよ。

 

【香港証券取引所のメリット】
では香港証券取引所の株を買うことはどれだけメリットになるのでしょうか?
一言で説明するのなら、選択肢の拡大と言えます。
イメージとしては、普段買い物をするスーパーが増える感じでしょう。
いつもは東京証券取引所しか利用していないと、数年で飽きてしまうものです。
自分が気に入った銘柄があるとも限りません。
また新商品入荷も滅多になく、数年経っても品揃えはほとんど変わらないかもしれません。
そこで別のお店に目を向けます。
東京証券取引所にない商品を求めて、香港証券取引所やニューヨーク証券取引所の銘柄を見ます。
日本の株に飽きた方の多くが、香港証券取引所に足を運ぶようになるでしょう。
と言っても香港に地に降り立つのは1回で十分。
口座開設だけでは香港に直接行く必要がありますが、その後の取引は全て日本に居ながらにして可能です。
ツアーと聴くと気に入れば何回もリピートしがちですが、
フォルスクラブのツアーは口座開設がメインになりますので、1回行けば十分なのです。

 

【ツアーの利点】
こうしたツアーはいくつかの利点があります。
まずは旅程が保証されているというところ。
自分ひとりで旅行する場合は、宿や飛行機の予約も自分ひとりでやらないといけませんが、
フォルスクラブのツアーはそうした雑事は全部フォルスクラブ任せです。
また、言語に関する悩みもサポートしてくれます。
香港の公用語は香港語(訛りのきつい広東語)と英語ですが、金融機関の多くが英語必須です。
香港語も通用すると思いますが、メインで使っている言語は英語になると思います。
英会話が苦手な方でも、フォルスクラブに任せれば何とかなるかもしれませんよ。
でも理想としては自分ひとりで口座を開設すること。
フォルスクラブは英語に特化した通信教育になりますので、これで勉強するのが一番と言えるでしょう。

 

【上場の噂】
また、フォルスクラブは香港で上場する噂がありましたが、これは噂のまま終わりました。
香港証券所は外国に対して上場しやすいように門戸を開いており、
日本にある東京証券取引所よりかはちょっとだけ申請が通りやすいみたいですが、
それでも簡単に申請が通るものではありません。
フォルスクラブが香港証券取引所で上場を目指すなら、まずは香港支店を作ることから始めて、
香港の人々に向けて商材を開発した方が良いかもしれませんね。
もしくは東京証券取引所を目指すのもありと言えます。

 

【まとめ】
フォルスクラブと香港の関係ですが、
かつてフォルスクラブは香港株購入のためのツアーを企画していました。
この2つを結びつけるとしたら、これが一番でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です