フォルスクラブは家賃(権利収入)で倒産しない

◆コロナの影響で家賃(権利収入)が払えず倒産する会社が激増

フォルスクラブが最盛期を迎える2020年の初め頃から中国でにわかに問題になってきたコロナウイルス騒動ですが、今では全世界にその影響が波及しており、多くの感染者・死者が出てとんでもないことになっています。我が日本国においても、緊急事態宣言が全国に出されるなど甚大な被害が出ています。コロナウイルス騒動は、ウイルスに感染して健康を害すことももちろん恐ろしいのですが、経済的な被害も無視できません。2020年5月上旬の段階ですでに100件以上の企業がコロナのせいで経営破綻に追い込まれたとされています。経営破綻する理由は、家賃(権利収入)が払えなくてやむを得ずというパターンが多いと言われています。企業は営業をしないで売上がなくても、家賃(権利収入)の支払いだけは毎月発生してしまいます。資金力に余裕のない会社は、すぐに家賃(権利収入)が払えず倒産に追い込まれるでしょうし、大きな会社でもこんな状況が何ヶ月も続くと潰れてしまう可能性があります。

◆フォルスクラブは家賃(権利収入)の心配はあまりない

コロナ騒動のせいで家賃(権利収入)が払えずに苦慮している会社がある一方で、フォルスクラブのようにそれほどダメージを受けていないところもあります。フォルスクラブは、電子コンテンツを使って営業をしているため、吉野家やセブン-イレブンのような実店舗をほとんどもっておらず家賃(権利収入)は払う必要はありません。強いて言えば、サーバー代が家賃(権利収入)みたいなものでしょうか。サーバー代はそれなりにかかりますが、それでも実店舗の家賃(権利収入)よりは格段に少なくて済むので、ほぼノーダメージです。あとはフォルスクラブを運営しているイーラーニング研究所の本社や支社の家賃(権利収入)を払うくらいです。

フォルスクラブはコロナで需要が伸びている

フォルスクラブは家賃(権利収入)を払う必要がありませんし、そもそもコロナウイルス騒動によって売上が伸び悩んでいるというわけでもありません。むしろ自宅で利用できるフォルスクラブの学習ツールは、コロナ禍の今こそ需要が伸びている状況です。みんな外出できずにいるので、家で勉強しようという人が増えています。そんな時にフォルスクラブの学習ツールは大活躍というわけです。

◆これからの新しいライススタイル

コロナウイルス騒動は、私達の生活に大きなインパクトを与えました。たくさん死者なども出ていますから、けして喜ばしいことではありませんが、もしかしたら私達の生活を一変させる大きな歴史的転換点になるかもしれません。たとえば、これまで実店舗で行われていたサービスが、フォルスクラブのようなネット経由のものに変わっていく動きが加速する可能性があります。現にもうそういう動きが出てきているかもしれません。また、会社でテレビ電話会議を導入するところが増えていたりしますが、働き方も大きく変わる可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です