イーラーニング研究所には仮想通貨に関するアンケートはある?

◆アンケートで定評のあるイーラーニング研究所

イーラーニング研究所ではさまざまなアンケートを実施しています。子どものお小遣いに関するアンケートを実施したこともあるので、将来的に仮想通貨に関するアンケートなどが生まれるかもしれません。イーラーニング研究所のアンケートによると、日本では子どもの小遣いは現金で渡すという声が9割に達しています。まだまだキャッシュレス化は普及していませんが、キャッシュレスに興味のある方は6割ほどいるのです。世界的にキャッシュレス文化が進行しているのが現実ですが、日本では依然として現金文化が根強く、これは現金に対する信頼性の高さからきているのでしょう。

◆仮想通貨を始めるなら早いほどいいわけ

仮想通貨は暗号通貨とも言われており、オンラインを通じて現金と同じように使用できます。キャッシュレスと聞くと抵抗があるかもしれませんが、実はクレジットカードも該当するのです。一方で仮想通貨に関してはあまり普及しておらず、投資・投機の一環として行っている人が一部にいる程度です。まだまだ大勢の人が仮想通貨に参加していない現実があるわけですが、逆にいえばだからこそチャンスと言えます。大勢が買い始めると値段はどんどん上がっていくので、今から始めるメリットが大きいわけです。株式にしても仮想通貨にしても、周りより早く始めた人が利益を出している現実があります。チャンスを逃さないためには、チャンスに対して敏感に構えることが大切です。イーラーニング研究所で仮想通貨に関する勉強をしておくことは有意義でしょう。

◆子どもにお金の教育をするのはあり?

イーラーニング研究所のアンケートを見ると、お子さんにお金の教育をしたいと考えている親御さんが多いことがわかります。アメリカでは子どもがお金の勉強をするのは当たり前という意識があり、これは生涯においてお金に困らない生活を実現させるためです。日本の学校教育では勉強を教えてくれますが、そこにお金の教育は含まれていません。お金の勉強は自主的に行って身につけるしかないわけです。イーラーニング研究所のデータからは、キャッシュレスに興味を示している親世代が非常に多いことがわかります。なかにはお小遣いを仮想通貨で渡そうと考えている親御さんもいるようです。

◆お金に対する負の感情を取り除こう

子どもに仮想通貨は早すぎると思うかもしれませんが、お金に関するメンタルを健全に育てる意味では悪いことではありません。イーラーニング研究所のデータから見ても、日本人の多くはお金に対してネガティブな感情を抱いています。お金は悪いものと認識すれば、稼ぐことも悪いと考えてしまうでしょう。こうした負の意識を取り除くためにも、お小遣いを仮想通貨で渡すのはひとつの解決策と言えます。お金儲けは決して悪いことではなく、むしろ美徳だという意識を身につけたほうが、将来的にお子さんを裕福に導いてくれるはずです。お金の勉強をするという意味でも、イーラーニング研究所は大いに役立つでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です