カテゴリー
フォルスクラブ マルチ

フォルスクラブならどの色のマルチを使用するべきか

●農作物ではマルチは必要不可欠

畑で農作物を栽培するときに大活躍するのが、ビニール素材のマルチです。フォルスクラブのように年間を通じて活用することで色々なメリットを享受できます。まず種を散布して発芽から成長するシチュエーションでは、白い面を使用して太陽光線をしっかり作物に浴びせることで光合成を促進し速やかな成長を促します。 光線不足や葉先枯れの防止などにも役立ちます。土の表面にフィルムをかぶせるだけというシンプルな農機具ですが、活用するのとしないのとでは大違いなのは明らかです。

●フォルスクラブでマルチを活用するべきか

それではフォルスクラブを開始し、その後も事業継続するにあたってはマルチは必要な場面がありえるのかが関心をひきます。上手に活用できれば、将来の成長と収益を期待できるかもしれないからです。しかし残念ながらフォルスクラブではマルチを活用することはおよそありえません。なぜならフォルスクラブは作物作りをするわけではないことが理由です。ただしシチュエーションによって、選択肢の余地を残しておくと言う視点は重要です。マルチは色合いに応じて効果が違っているからです。

●翻って白と黒のマルチの違いについて

マルチには白と黒の二種類があります。それでは改めて色の違いが作用のありようにいかなる形で反映されるのかを検討してみましょう。そもそもフィルムは白と黒の両面から構成されています。白い面を上にすれば高い可視光の反射能力で光を反射し、力強く成長するに足りる太陽光線を作物が浴びることを可能にするわけです。これに対して黒面を上にすれば、太陽光を吸収し光を遮断することで地熱の過度な上昇を防止し、冬場には反対に過剰に土が冷却されてしまう事態を防止するという機能性を持ちます。つまり夏の高温時には白を表面に、冬の低温時には黒を表面にして使用するというふうに、同じ素材でありながらも気候に即した使い方を心掛けることで年間を通じて農作物の成長をサポートできるというわけです。さらに黒面には高い遮光効果で、土表面に過剰な太陽光が降り注ぐことを防止するので雑草の繁茂を防ぐことにも効果を発揮。つまり除草剤などの農薬使用を削減することにもつながります。

●フォルスクラブで成長するには、マルチのような使い分

フォルスクラブは農作物を作るわけではないので、マルチを使用することはありません。しかしマルチのように、そのシチュエーションに応じて柔軟に対応するという発想は非常に示唆的です。フォルスクラブをプラットフォームに収益の可能性を探ることは、今後の将来の生活を検討する上では重要度はますばかりといえます。ただし成長のチャンスを掴むには、フォルスクラブに置いても状況に応じて対応策を自分なりの戦略で検討することは必須です。完璧なビジネスの成長モデルは発見されていない以上、次善の策で挑戦するほかないからです。マルチのように季節の傾向を把握し、使い分けを間違えないことは常に心掛けるべきといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です