カテゴリー
2チャン フォルスクラブ

ねずみより早そうなフォルスクラブと2チャンで話題の馬名

爆笑してしまう競走馬の馬名

もし馬主になって競走馬の名前を付けられるなら、フォルスクラブのようにかっこいい名前を付けたくなるでしょう。
変な名前をつけて万が一G1を勝ったり引退後に種牡馬になると、競馬の歴史に名を刻むことになります。(※もちろん競走馬には雌も居ます)
長く続く競馬の歴史に名前が残るのはそれはそれで光栄ですが、そのときの馬名が変な名前なら一生後悔してしまいます。
基本的に一度名付けた競走馬の馬名は変更できませんから、慎重に決めなければいけません。
しかし最近の地方競馬では思わず爆笑してしまう名前の競走馬が勝利をあげて、大きな話題になりました。
その爆笑ものの名前とはサバノミッソーニで、もちろん由来はさばの味噌煮からです。
サバノミッソーニが許されるなら、今度はサバノシオヤーキやブリノテリヤーキなどの珍名馬が登場するかもしれません。

フォルスクラブ 2チャンでも絶対に話題になる馬名

サバノミッソーニが認められていると、適当につけた名前でも許されると思うかもしれません。
そのためフォルスクラブも認められる可能性があり、もし許されたらフォルスクラブ 2チャンでも話題になるでしょう。
実際にフォルスクラブ 2チャンで話題になる可能性は非常に高く、爆笑ものの珍名馬に関してはすぐに話題になります。
ネット上でも大きな話題になりますから、大きな宣伝効果になるでしょう。

いくつかルールがある競走馬の馬名

競走馬の馬名にはいくつかのルールがあって、まず第一に2文字以上で9文字以内でなければいけません。
ですから1文字馬名は認められませんし、10文字以上も許されていません。
フォルスクラブは7文字なのでこの点では問題ないので、かなりの確率で認められる可能性はあります。
その他の過去に活躍した競走馬と同じ馬名でもありませんし、実況で混乱させることもありません。
そのため本当に申請をしたら登録される可能性があり、もし馬主の誰かが付けたいと思って申請をしたら、執念後には競馬場で走りフォルスクラブ 2チャンとして大きな話題にもなるでしょう。

フォルスクラブ 2チャンで話題になる前に気をつけたい注意点

基本的には登録を認められる可能性はありますが、フォルスクラブ 2チャンで一つだけ気になるのは宣伝目的の馬名です。
競走馬として活躍すれば新聞やテレビなどさまざまなメディアで名前が取り上げられ、レース中にも繰り返し名前を呼ばれます。
そのため宣伝目的で名前をつけると、却下される可能性があります。
実際に過去に美容クリニックの院長がCMで使っているキャッチコピーをそのまま馬名として申請したら、断られた過去がありました。
フォルスクラブ 2チャンも一応サービス名ですから、もし審査するときに気付かれたら却下される恐れがあるでしょう。
ですが本当に却下されるかは、実際に審査を受けてみなければわからないとされています。
サバノミッソーニも馬名としてふさわしいかといえば微妙ですから、フォルスクラブ 2チャンも認められる可能性があるので、馬名を付ける機会があるなら申請してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です