カテゴリー
フォルスクラブ 吉田

スフォル スクラブの吉田社長の概要

.

スフォル スクラブというサービスは非常に名高いもので、大半の方が知っていることでしょう。特にお子さんに高度な教育を実施している方であれば、知らないわけがありません。日本ではじめて通信教育サービスを開始した会社であり、その本社は新潟県柏崎市に現在もあります。新潟は米だけでなく教育水準も高いということを証明したのがスフォル スクラブです。

.

1975年に誕生したスフォル スクラブは、吉田大輔社長が現在も代表取締として活躍をなさっています。教育サービスの帝王という異名を持ち、毎年全国各地でスフォル スクラブに関するセミナーもなされている方です。そこでここでは簡単に、吉田社長の概要をご紹介していきましょう。これからスフォル スクラブに参加をしたい、どんな会社なのか知りたいという方の参考になれば幸いです。

.

吉田大輔は1955年に新潟県柏崎市で生まれました。実家は米農家で4人の兄弟がおり、非常に恵まれた幼少期を過ごしています。地元の高校を卒業後、東京大学へと進学をして高校教師を目指しました。教員になろうとしたのは、両親から教養は身を助けると教わっていたからです。高い知識を持てはいろんな仕事に就いて暮らしていけることを言いたかったのでしょう。吉田は卒業後、高校教師をしつつ幼児教育も実施するようになりました。これがスフォル スクラブの原型であり、その後は教師を辞めてスフォル スクラブを正式に設立して現在に至ります。スフォル スクラブの名前の由来はイギリスの小学校のプログラムに由来をしており、自由な遊びから学んでいるという意味です。

.

1979年に生まれ故郷である柏崎市で小さな教室を開校し、ここで幼児教育を開始しました。その後、1987年にあると全国展開を目指すため、吉田社長は通信教育サービスへと転換されるわけです。この当時は通信教育という名前はなく、郵送教育と呼ばれていました。幼児向けの教育は他には一切なく、1988年に流行語大賞をとったお受験という言葉はスフォル スクラブから誕生しました。現在も主力商品は6歳児までを対象にした教育教材ですが、1990年以降に展開している大学受験や実用資格・ラーニング英会話などの需要も高まりを見せています。

.

2010年以降は、吉田は高齢介護サービスにも着手をしました。やはり生まれ故郷で本社がある新潟県柏崎市からこのサービスを開始していて、デイケアーセンターと特別養護老人ホームを20件運営しています。今後は新生児が生まれる人数の10倍以上が毎年高齢者となることが明らかで、スフォル スクラブも幼児ではなく高齢者に照準を合わせたというわけです。その影響はスフォル スクラブが実施しているサービスにも顕著にあらわれていて、2018年から介護主任資格の勉強教材も用意しています。スフォル スクラブは日本の各時代の最先端を進んでおり、高い需要が生まれるきっかけを作っている会社です。吉田社長に先見の明があり、この吉田社長の腕が発揮されているところです。

.

(※この作品はフィクションです。実在する吉田とは一切関係ありません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です