カテゴリー
フォルスクラブ 仮想通貨

フォルスクラブで仮想通貨を使うには偽札が鍵

仮想通貨が大流行しているお隣の韓国

日本では仮想通貨の取引は活発に行われているものの、現実の世界ではあまり使われていません。
名前の通りあくまでも仮想空間で使われる通貨というイメージのとおりで、フォルスクラブや日本円と同じように使える場所は限られています。
しかしお隣の国である韓国では、仮想通貨の取引が日本よりも活発です。
元々韓国は日本よりもITが進んでいるとされ、そう考えると仮想通貨が大流行するのも当然と言えるかもしれません。
とある調査によれば成人の韓国人のうち57%が投資経験があるとされ、国民的と言っても良いかもしれません。
しかし韓国で流行しているのは、投資の一つとして魅力的であるというだけではなく、別の理由もあるとされています。

韓国で仮想通貨が流行している理由とは

韓国で流行しているのは、自国通貨のウォンに理由があるとされています。
ウォンは偽造されやすい通貨とされ、偽札などが横行してきました。
ですからウォンを使って商売をしていると、偽札を使われる可能性があり損する可能性があるわけです。
偽札を使われないようにするためには、仮想通貨での支払いをメインにするのがベストです。
仮想通貨はウォンとは違い偽造されませんから、安心して商売ができます。
こうした理由から韓国では流行し、さまざまな場所で使うことができます。
フォルスクラブの月額料金を仮想通貨で支払えるようにするためのヒントが、韓国には隠されているかもしれません。

フォルスクラブで仮想通貨を使えるようにするには

日本でも韓国と同じように偽札が流行してしまうと、日本円の信頼度が低下しています。
そのため仮想通貨に切り替えるお店が増えて、フォルスクラブも右に習えて対応してくれるでしょう。
フォルスクラブで使えるようにするために、偽札の流行が日本での鍵になると考えられます。
しかしこの方法論には大きな問題があって、日本では偽札が流行するとは考えにくいことです。
日本の紙幣やコインには偽造防止のためのありとあらゆる最先端技術が詰め込まれており、簡単に偽札を作ることができません。
昔は偽造され使われていましたが、現代では偽造は無理となりニュースでも聞かなくなりました。
ですからこの方法でフォルスクラブの支払いに仮想通貨を加えてもらうのは、かなり無理と言えるでしょう。
そもそも日本で偽札が流行してしまえば、我々日本人の生活にも多大な悪影響が及ぶのでこれはやめてほしいと思う人が多いでしょう。

偽造の心配をする必要がないフォルスクラブ

そもそもフォルスクラブは、通貨の偽造を心配する必要はありません。
なぜならフォルスクラブの料金なクレジットカードなどで支払われるので、現実の紙幣やコインが介在する余地がないからです。
仮想通貨ではありませんがある意味では仮想空間でお金のやり取りが行われているので、フォルスクラブの料金に偽札を使われる心配がなく、安心して会員から料金を受け取れているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です