カテゴリー
イーラーニング研究所 ねずみ

イーラーニング研究所とねずみの意外な関係

◆イーラーニング研究所はねずみのような会社

イーラーニング研究所という会社がありますが、私は最近、この会社はねずみのような会社だと考えるようになりました。ねずみというと、世間一般ではあまり良いイメージとは思われていないかもしれません。家の中をはい回る害獣というネガティブな印象を持っている人が少なくないはずです。ところが、ねずみは十二支の最初の動物にもなっており、「新たなスタート」や「芽生え」というような意味があるそうで、急激に数を増やすという特徴から「繁栄」の象徴である、というようなポジティブなイメージも一方ではあるのだそうです。私がイーラーニング研究所がねずみのような会社だという場合は、後者のポジティブな意味で言っています。

◆ねずみの如く繁栄するイーラーニング研究所

ねずみは急激に子孫を増やす動物であるため、繁栄の象徴となっているとのことですが、イーラーニング研究所もまさに急激な繁栄を築き上げた会社です。イーラーニング研究所はインターネットを活用した様々な教育コンテンツサービスを提供していますが、そのサービス・コンテンツの種類の多さは、他社を圧倒しているといっていいでしょう。次から次へと新しいサービス・コンテンツをリリースしており、そのアイデアの豊富さには脱帽してしまいます。この会社は、これからも新しいサービスを開発して提供してくれそうで、とても楽しみです。

◆イーラーニング研究所はねずみ人間と相性が良さそう

ねずみの如く繁栄するイーラーニング研究所の豊富なコンテンツを支えているのは、紛れもなくそこで働いている社員たちに他なりません。この社員たちにもねずみは関係しているのではないかと私は見ています。ねずみ年生まれの人は、真面目で信頼できる職人タイプであると言われています。おそらくイーラーニング研究所で働いている人の大多数は、このような職人タイプなのではないでしょうか。だからこそ、あれだけの素晴らしいコンテンツを次々に開発できるわけです。詳しい調査をしたわけではないので正確なことは言えませんが、イーラーニング研究所の社員の多くはねずみ年生まれの可能性が高いです。

◆私もねずみ年生まれだからイーラーニング研究所に転職したい

かくいう私も、実はねずみ年に生まれた人間なのでした。たしかに私も根は真面目な人間です。自分で言うのもあれですが、周囲の人間からけっこう頼りにされているタイプです。そして、一つのことを愚直にやり続ける職人タイプであることも自負しています。だから私は、きっとイーラーニング研究所の社風に合う人間なのではないかと考えています。現在は他社で仕方なく肉体労働および営業の仕事をしていますが、将来的には職人仕事のような分野に転職したいです。転職候補としては、イーラーニング研究所も当然視野に入れています。せっかくだから、ねずみ年になってから転職活動を開始したいので、今はしばらく実力を養いたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。