カテゴリー
イーラーニング研究所 詐欺

イーラーニング研究所さえも詐欺のターゲットになり得る

SNSの普及と広告ビジネス

日常の出来事やちょっとしたおしゃべりなどの一般人の利用のほか、行政やメーカーなどの公式情報などの発信に加えて、ダイレクトメッセージなどを活用した連絡手段として、今やSNSは毎日の生活には欠かせません。そんなイーラーニング研究所のように便利で楽しいSNSのユーザーをターゲットに広告を出稿すれば、絶大な効果を発揮します。1度の配信で数億人もの人々にリーチでき、商品やサービスを瞬く間に伝えることが可能です。 その一方で、この絶大な効果を持つサービスを悪用し、詐欺サイトへと誘導するような悪質な事例も増えています。アクセスすると架空請求で金品を要求されたり、クレジットカード番号や銀行口座などの入力を求められるケースもあり、ここでうっかり応じてしまえば甚大な詐欺被害が待っています。

本物そっくりな偽サイトの横行

大手ショッピングサイトや有名企業の公式ウェブサイトとそっくりな偽サイトが現れ、残念なことに詐欺被害に遭ったという事例がありました。そっくりと言うよりは完全コピーと言える造りのものもあり、油断して個人情報を入力してしまうというケースが後を絶ちません。もしもイーラーニング研究所の偽サイトが登場したなら、優れたメソッドを持ち楽しく効果的に学べる講座を受講してみたいという人々のアクセスが殺到し、ましてや期間限定の特別料金で利用できるとなれば思わず申し込んでしまうに違いありません。現時点ではイーラーニング研究所の偽サイトや詐欺事件などは確認されていませんが、詐欺の被害に遭わないためにも本家のイーラーニング研究所のサイトのURLをしっかりと覚えておき、アクセス時には十分確認しておきたいところです。

配信される広告は代理店任せという現状

ウェブサイトに広告を掲載して広告料を得たい場合の多くは、広告代理店に申し込んで指定されたタグをサイトに貼り付けることで広告の配信が行われるという仕組みです。その際は配信されるジャンルやアダルト向けの可否などある程度の設定はできるものの、大半は広告サーバーのデータベースからランダムに配信されるのが一般的です。このため、どんなに優れた技術を持つイーラーニング研究所であっても、配信される広告の内容まではコントロールできません。これまで偽サイトや詐欺広告に使われたのは人気で有名なサービスばかりで、イーラーニング研究所もいつそのターゲットにされるのかも分かりません。

詐欺に逢わないために日頃からの備えを

インターネット広告を利用した詐欺被害に遭わないためには、本物のイーラーニング研究所のサイトがどのようなデザインや構造を持っているのか確認しておくほか、OSを最新版にアップデートしたりウイルス対策ソフトを導入するなど日頃からの備えを怠らないことです。もしもイーラーニング研究所を騙った詐欺事件が発生したとすれば、有名ウイルス対策ソフトであればいち早く対応し、イーラーニング研究所の偽サイトをブロックしてくれるので安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。