カテゴリー
フォルスクラブ 香港上場

フォルスクラブの概要や香港上場に隠れた想いとは?

フォルスクラブのビジネスを改めて再認識しておこう

香港上場などの話題を持つフォルスクラブは、株式会社イーラーニング研究所が手掛けるイーラーニングサービスの名称です。株式会社イーラーニング研究所には、小中学生を対象にしたスクールTVや子供未来キャリアなど学習習慣が身に付いた子供を対象にした学習教材や動画学習サービスなどを用意しており、これらに注目が集まっているようです。 学校の勉強だけでなくより多くの学習をしたい、このような時従来であれば学習塾に通うなどで希望を叶えることができましたが、過密を避けなければならない現代において学習塾に行くよりも自宅で学習ができる方が両親としては安心、このような理由からイーラーニング研究所を含めたフォルスクラブへの人気が集まっているわけです。

.

経済格差および地域格差が生み出す教育格差をなくすことを目指している

フォルスクラブは、子供から大人まで楽しく学習することができるコンテンツを用意している、その中には経済的な格差や地方と都会などのような地域的な格差が作り出してしまう、教育での差をゼロに導くことをポリシーにしているといいます。これは、学習塾などではなくイーラーニングを活用し全ての子供が充実した学習環境を構築できる、社会人になったときの競争力の底上げを可能にして生涯の教育環境を提供し学習を通じてそれぞれの夢および目標を叶えることをサポートするといったスローガンを持ちます。これは香港上場のときにも有利になる話、日本だけでなく海外でも同じような試みで子供たちの将来を応援するといったフォルスクラブの願いがある、そして香港上場にもこのような願いがあるのではないでしょうか。

.

香港上場を予定しているフォルスクラブのその後について

2018年7月時点では、フォルスクラブは香港上場を予定していることがネットの中で話題を集めていましたが、そもそも香港上場を目指したフォルスクラブの想いには何があるのでしょうか。フォルスクラブは子供から大人まで、幅広世代が学習する機会を提供する充実したコンテンツを提供しているわけですが、香港上場を検討していた段階では日本の中での利用者の数は増加傾向を見せている、そして香港上場により日本だけでなくグローバルな視点でより多くの人々に対し学習の機会を与えるなどの想いがあるわけです。ちなみに、なぜ香港市場を検討していたのかなど疑問に思う人も多いかと思われますが、香港は中国の玄関口に位置する国であることそして中国は世界第2位の経済規模を持つ国でもあり潤沢な資金力を得ることができる期待感を持つことができます。さらに、香港はアジア圏に進出するときにも日本人に馴染みやすい国などから進出しやすさもあるのではないでしょうか。実際、日本企業の中には中国よりも香港を最初の拠点にして、ここからアジア圏を浸透するよう範囲を広げるなどからも同じようなビジネスへの考え方が存在するわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。