カテゴリー
ねずみ フォルスクラブ

フォルスクラブってねずみ講なのでしょうか?

●日本の経済と教育関係についてご説明します

フォルスクラブが流通する現代の日本は、非常に経済が厳しい状況になっています。それはデフレ経済から脱却できず、人々の生活がゆとりがなく、困窮を極めている家庭も少なくありません。それはデフレ経済でモノやサービスが一向に売れず、企業が思うように売り上げを伸ばせない状況になってるんです。売り上げが伸ばせないと、倒産を余儀なくする企業も珍しくはありません。 売り上げが落ち込み倒産こそ免れていても、売上が思うようにないので社員に給与や賞与として還元ができず、サラリーマンの給与や賞与は一向に上がらないわけなのです。買いたくても買えない、少しでも節約しようという考えが多くの人にあり、ますます経済がうまく循環してはいきません。このようなデフレ経済がバブル期経済から三十年以上続いており、まさに日本の経済は冷え切っているといっても過言ではないのです。このような経済状況では各家庭で子供に教育費を十分充てることができません。それ故受験対策の塾や予備校に子供を通わせることができなかったり、子供に進学を断念してもらうということも起こってます。経済によるこうした教育格差が日本にはたくさん見られるようになりました。

●日本の教育格差を是正すると期待されるフォルスクラブの教育プログラムをご紹介します

経済格差による教育格差は、子供がいる家庭に限った問題ではありません。教育格差が進むとどのようなことになるかというと、あらゆる産業や高度な研究開発を必要とする産業に従事できる労働者が不足し、いよいよ国力の低下がはなはだしくなることを意味します。そこでご紹介したいのは、フォルスクラブという教育プログラムです。フォルスクラブはスマートフォンやパソコンさえあれば、だれもがリーズナブルな料金で高度な学習を受けることができるものです。非常に低料金であるために、収入にあまり関係なく誰もが教育を受けられる機会を与えられるわけなんです。フォルスクラブの入会費は11000円であり、月額6600円で高度な学習を受けられるのです。もちろん大学受験対策講座もあり、大手予備校と同等のクオリティの教育が受けられます。パソコン一台につき月額6600円ぽっきりで、家族五人まで様々な学習コンテンツを受けることができます。これだけ聞いてもいかにフォルスクラブがリーズナブルな学習コンテンツかお分かりいただけるでしょう。

●フォルスクラブがねずみ講やねずみ講まがいと言われてしまう理由を紹介します

フォルスクラブは非常に低料金で高度な学習コンテンツににもかかわらず、ねずみ講まがいなどといったうわさが立っているんです。なぜフォルスクラブがねずみ講やねずみ講まがいと言われてしまうのか、それはフォルスクラブの販路が独特だからです。フォルスクラブの販路は、店舗販売でなく人の紹介で売られているのです。その形態がねずみ講に似通うこともあって、ねずみ講やねずみ講まがいと言われてしまうんです。しかしフォルスクラブはねずみ講ではありません。MLM企業でもなく、非常に信頼と実績を誇る企業であることに違いはないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。