カテゴリー
ネズミ講 フォルスクラブ

フォルスクラブはけっしてネズミ講ではないのです

〇現代の日本の経済と教育に関することをご紹介します

日本は今フォルスクラブが流通する先進国とは言えないほどの経済状況になっています。それはデフレ経済からなかなか脱却できず、サラリーマンの年収が一向に上がらないのです。年収はバブル崩壊後三十年近く上がっていないとも言われており、国民の生活は一向に良くなっていないといえます。年収が上がらないので国民の多くが節約志向になっていき、ほとんどものやサービスが売れてはいきません。 経済が活性せず、各企業では売り上げが落ちてしまい倒産を余儀なくされる企業も珍しくないのです。倒産が免れても、企業の内部留保は伸びていくばかりです。サラリーマンをしていても一切生活にゆとりはなく、そして子供の教育費までコストカットしていかなければいけない状況にあるんです。企業倒産で職を失った両親がいたり、離婚などでシングルマザーになってしまう人も多く、こうした貧困で子供に欠けられる教育費など一切ありません。そのため高校や大学進学をあきらめさせたり、大学受験対策を万全にする塾や予備校にも通えないわけなんです。大学進学が許されても学費の安い国公立しか受験できず、学力が追い付かずに大学進学をあきらめなければいけない子供たちも少なくありません。まさに経済格差が教育格差を生む形になっていて、日本の未来は決して明るいものではなくなってるんです。

〇日本の教育格差を解消すると期待を寄せられているフォルスクラブを紹介します

貧困によって進学したくても進学できない、受験対策を万全にしたくても塾や予備校に通えず第一志望に合格できないということになるとこの先日本はどのようになっていくのか、多くの人が心配することです。進学率が低下してしまうと、就職kも希望通りの企業でできないことも多く、必然的に経済は衰退していくことが簡単に予想されます。ここは是が非でも子供たちの教育格差を解消したいところです。そこでおすすめしたいのが、フォルスクラブの学習市捨て区なのです。フォルスクラブとはスマートフォン、パソコン一台あればだれもが、どこからでも簡単に高度な教育を受けることができるんです。もちろん予備校並みの高度な授業を受けることも可能となるのです。フォルスクラブの大学受験対策は、予備校の人気講師による授業なので、しっかり受験対策できます。入会金11000円、月額6600円とは破格であり、大手予備校の何十分の一の教育費であり、フォルスクラブで日本の教育格差を解消できると期待が今寄せられています。

〇フォルスクラブはネズミ講やネズミ講まがいとうわさされるその理由を紹介します

フォルスクラブは高度な教育プログラムであるにも関わらず、ネズミ講やネズミ講まがいのうわさが付きまといます。なぜネズミ講やネズミ講まがいといわれるのかというと、販路が本当のネズミ講と似通っているところがあるからなんです。かといってフォルスクラブはけっしてネズミ講ではありません。店舗を構えず、人の紹介で学習プログラムを売るので、それが一般常識とは異なるので誤解を生んでこのようなうわさがなされるんです。フォルスクラブは単に店舗を構えないのであって、信頼できる企業であるのは言うまでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。