カテゴリー
MLM フォルスクラブ

フォルスクラブの幼児音感育脳システムにMLMを導入

フォルスクラブの幼児向け音感育脳システムとは

フォルスクラブはコンテンツを利用する際には、通信環境が整っている必要があります。
場所や時間の制約を受けることなく必要な時に、必要なぶんだけのサービスを利用することができます。
プラットホームで、個人的に使用しているスマホを使用することができますし、家庭に設置している共有のデスクトップパソコンも利用することができるのが特徴です。
フォルスクラブのMLMを幼児向け音感育脳システムへ採用することも一つのメリットですが、それぞれの家庭で全く違う勉強内容に取り組むこともできます。
子供の中学受験を目的にして科目学習を利用し、自分のスキル習得のために利用するスタイルも現実的です。

フォルスクラブのMLM形態の、本質と目的について

MLMは複数の階層の販売組織を意味しており、フォルスクラブでは都市部や地方の教育機関の違いを無くしていく取り組みを行っています。
早い時期からインターネット環境を基盤として、学習システムを取り入れている先進的な教育方法を実践します。
ここではMLMと呼ばれるメンバー方式を採用することで、教育コンテンツが全ての家族を対象としています。
年代の違いを知るために幅広く利用することを前提として、コンテンツを全て組み入れていることが特徴です。
誰でも気軽に利用できるように、門戸を広く開放しながら取り組みやすくしています。

フォルスクラブのメンバー数が増加している理由は

家族単位のメンバーを対象としているので、初期から多数のメンバーを得ることができます。
実際に利用すれば初期から多くのメンバーを得ることができ、実際に利用してみれば手軽な実践方法であることもわかります。
さらに個人のペースを乱すことなく、勉強や学習へ集中することができるので想定以上の結果が出ることも知られています。
MLMの特性は外部に対しての、開放的な組織であり人間的な譲渡でも自分で利用するメリットがあります。
これにより人に薦めたくなるのは人の本質ですが、メンバーの誰もが新規会員を獲得することができるシステムです。外部からの新規会員もたくさん獲得しているので、このような背景からメンバー全体の数も一貫して増加していることがわかります。

フォルスクラブがMLMで、将来に向かって目指しているもの

教育現場でも導入をしようと試みているので、重要な課題と認識されています。
フォルスクラブのMLMは、インターネットを通して学習する特徴とメリットがあり、全国的にも一定以上の水準を維持します。
これを教育方針とし、接することができる事実を活動を通して証明しています。
都市部からのアクセスが整備されている環境であれば、一流の講義に参加することが困難な時もあります。
フォルクスクラブではMLM形式でたくさんの会員を獲得したので、ここから割安でコストを抑えた形で提供できます。
受験勉強や資格取得をするときにも、知識を効率的に身につけることができるのも大きな特徴となっています。
これらのメリットを受けることで、さらに会員数が増えて行くと見込まれているのが現状です。

カテゴリー
MLM フォルスクラブ

学生に人気があるフォルスクラブとMLM

【新しい教育システムで話題のフォルスクラブ】

日本ではインターネットを活用した教育が普及しつつあります。
パソコンやスマートフォンを上手に利用すれば、いつでも学ぶことができます。
フォルスクラブは時代にあった新しい学びのかたちを提供しています。
親の経済力の差が子供の教育にも影響していますが、フォルスクラブでは教育格差をなくすことを目指しています。
eラーニングを利用すれば、すべての子供が充実した学習環境の中で学ぶことができます。
フォルスクラブは子供だけでなく大人も使うことができ、家族全員で使うことでリーズナブルな料金になります。
学習コンテンツが豊富なフォルスクラブは、子供から大人まで楽しく利用できるようなコンテンツを常に提供し続けています。

 

【フォルスクラブとMLMの違い】

教育サービスとして広く知られるようになったフォルスクラブですが、その家庭ではMLMと誤解されたこともあります。
フォルスクラブとMLMでは内容が全く違います。
MLMとはピラミッド型の組織になっているシステムです。
商品の購入者が販売員となり、新しい購入者を見つけます。
新しい購入者は自分も販売員となって新しい購入者に商品を販売します。
MLMの販売員は商品の売り上げが多いほど報酬も多くなります。
自分が紹介した人の売上からも報酬をもらうことができる仕組みです。
MLMは様々なトラブルがあり、社会問題にもなっています。
ピラミッド上位の人は下位の人が増えれば増えるほど高収入が期待できるため、MLMはマルチ商法と呼ばれることもあります。
健全なサービスを行っているフォルスクラブはMLMとは全く異なるサービスなので安心して利用することができます。

 

【フォルスクラブのメリット】

フォルスクラブには様々なメリットがあります。
子供から大人まで利用できる学習コンテンツが充実しています。
家族で1契約となり5人まで利用することが可能です。
学習サービスで気になるのが毎月の料金ですが、フォルスクラブは月額が6480円とお得な価格設定になっています。
家族全員で使えるスタンダードプランは、すべてのサービスを利用することができます。

 

【フォルスクラブを利用したい場合は】

フォルスクラブを利用したい場合は、まず会員登録を行います。
ホームページの会員登録フォームに必要事項を入力します。
次に支払い方法の選択を行います。
支払い方法にはクレジットカード決済と口座振替があります。
口座振替の場合は後日郵送される口座振替依頼書に必要事項を記入して返送します。
3日から1週間くらいで登録住所に書類が届きます。
書類を返送すれば登録が完了します。
登録が完了するとメールか郵送でIDが届きます。
IDが届いたら初回認証とパスワードを登録してサービスを利用します。
登録が完了した月が登録月となり毎月1日から末日までが当月になります。
フォルスクラブは顧客サポートも万全なので、サービスで不明な点があれば何でも問い合わせることができます。

カテゴリー
MLM フォルスクラブ

フォルスクラブがMLMではない根拠

フォルスクラブはインターネットで学習できる仕組みを持っている
学習は、必ずしもペンを持ちノートに書くことだけがやり方ではありません。最近の傾向としては、インターネットを通じてスマート本やTabletなどを利用して学習する傾向が多くなっています。なぜこのような学習をするかといえば、半分はゲームの延長として行うことができるからです。また、気軽にどこでも持ち運ぶことができ今までのように重たい参考書をいくつも持ち運ぶ必要はないのが特徴です。このように、20年以上前の受験生からすれば驚きの学習スタイルができあがっているのが昨今の教育事情になります。今日日、このようなスタイル当たり前になり現在の小学生や中学生でもインターネットを使って教育は学校でも取り入れられているため全く抵抗がありません。そのインターネットの学習に注目した会社が、フォルスクラブと呼ばれるところになります。


フォルスクラブにはいったいどのような特徴があるのか
フォルスクラブといえばインターネットで学習の内容を提供する業者になりますが、単に学習の機会を提供しているわけではありません。マルチに対応しており小さな子供から資格を取得したい大人まで様々な学習の機会を提供しているわけです。また、サービスも充実しており、教材を渡しておしまいではなくしっかりとしたフォローシステムがあるのも魅力といえるでしょう。基本的に学習をする場合には先生が必要ですが、インターネットの教材自体が一つの先生だとしても何か質問をして答えてくれるわけではありません。ですが、フォルスクラブを利用すればフォロー体制がしっかりしているため安心して学ぶことができるでしょう。


フォルスクラブはMLMなのか検証をする
インターネットなどで見てみると、フォルスクラブはMLMなのではないかと噂をされていることがあります。なぜそのような噂が立つかといえば、商品を販売しておらず今ひとつ実態がつかみにくいからでしょう。フォルスクラブは教材を販売してそれをインターネット上で利用してもらっていますが、MLMとは全く関係ないものになります。そもそもMLMとは連鎖販売取引のことで、アップがダウンに商品を購入してもらいその一部がアップの収入にあります。残りの売り上げに関しては会社側が引き受ける形になりますので次々にダウンをつけていくことでMLMは大きな組織になっていくわけです。大きな組織になっていくと、次第に勧誘する人が増えていきやがてMLMの収入だけで生活ができるようになります。ですがそもそも、MLMの基礎となっているラウンジとアップル完成自体が存在しませんのでこれをMLMと断言してしまうのは早計になります。また、勧誘などは一切行っておらず商品を売りつけてダウンにするといった仕組みをありません。そして、MLMの特徴的なものとして各グループが存在していますがそのようなものもフォルスクラブでは一切存在していません。以上をもって、フォルスクラブはMLMではないと断言できます!!

カテゴリー
MLM フォルスクラブ

一般的に言われているMLMとフォルスクラブはどのように違うか

【MLMとはなにか?】
MLMはMulti-level marketing(マルチレーベルマーケティング)、
もしくは「多階層の販売員組織」を意味します。
原理としては、MLMはねずみ講と完全に一致します。
ねずみ講が金品のみを取引するのに対し、MLMは商品を売りつけます。
そしてMLMもまたねずみ講と同様に、上位陣だけが儲け、
下位層だけが損をしてしまうシステムなのです。

MLMと勘違いされやすいものとして「1階層の販売員組織」があります。
自宅によくインターネットや新聞や宗教の勧誘が来ますよね。
ああいったものは基本的に「1階層の販売員」になります。
要するに1次下請みたいなものなのです。
そしてこういったものには2次下請がありません。
そうしたマージンを挟まずとも、誰でも「1階層の販売員」になれるのです。
ゼネコンと違って、販売員になれる敷居はかなり低いのです。

マルチ商法というのもありますが、
これはMulti-level marketingを和訳しただけです。
すなわち、MLMとマルチ商法は完全に一致します。
しかし、マルチ商法の中には「多階層の販売」をしていないものもありますので、
一概に同一視するのは難しいところです。
と言いつつ、インターネットや新聞や宗教の勧誘が来るのは一緒なので、
迷惑度に関してはMLMもマルチ商法も変わらないでしょう。
むしろ、訪問販売や電話営業自体が悪と言えます。
でも、訪問販売や電話営業の営業手段はかなり有用なので、
いつまで経っても無くならないと言われています。

 

【フォルスクラブとは?】
フォルスクラブはマルチ型の教材です。
多階層に向けての通信教材になります。
その代わり、MLMと違って、料金が完全に一律です。
1階層だろうと3階層だろうと、
フォルスクラブの利用料は月額6,480円になります。
MLMもフォルスクラブのように
「何人に売りつけようとも、全員合わせて同じ料金で利用できる」なら、
ここまで騒ぎになりませんし、
会員が増えれば増えるだけ一人あたりの負担も減るので、
より人気が高まる営業スタイルになっていたでしょう。
もちろん、フォルスクラブはマルチ型というだけはあって、
様々なコンテンツが同時に収録されています。
一般的な通信教材は完全に一人用であり、
その内容も学習者本人の学年に合わせたものになります。
小中高の時に通信教材で勉強する方はかなり居ますが、
もしもその人が中三なら、届く教材も中三オンリーになるでしょう。
フォルスクラブは違います。
最初から全学年・全年齢層向けに教材を用意しているのです。
このあたりが、フォルスクラブはマルチ型の教材の由縁になります。

 

【フォルスクラブはMLMではないの?】
フォルスクラブの入会方法は大きく分けて2つあります。
1つは自分でフォルスクラブの公式サイトから入会の申し込みをするというもの。
大抵の方はコチラの方式でしょう。
もう1つはフォルスクラブプレミアムメンバーから勧誘を受ける。
すなわち、フォルスクラブ販売員からフォルスクラブを売ってもらうというものです。
そしてその販売員はフォルスクラブしか売りません。
販売員がやっている「フォルスクラブを売る商売」をやることは出来ないのです。
簡単に言えば、「1階層の販売員」です。
ねずみ講やMLMのように、「多階層の販売員」になることは、絶対にないのです。
むしろMLMとして勝手に売ったら違法ですし、
そもそもフォルスクラブは勝手に売れるような代物ではないのです。
フォルスクラブはeラーニングであり、
そのログインパスワードは厳重に管理されているのです。
怪盗でも盗むことは容易ではありませんよ。

しかし、ねずみ講のページでも紹介しましたが、
勧誘されている方としては「多階層」なのか「1階層」かは全く関係ありません。
仲のいい友達がまるで、変な宗教に嵌ったかのように感じる方は少なくないでしょう。
いつだって、友情が壊れるのは金銭的なトラブルと、恋愛がらみ(笑)です。

 

【まとめ】
MLMの問題点はねずみ講と同様に、
ゾンビウイルスのように家族・親戚・友達関係を汚染してしまうものです。
しかし、感染力さえなければ被害は自身で防げます。
フォルスクラブを勧誘されても、不要なら明確にNOを叩き付けましょう。
それで友情が壊れるようなら、元からそれまでの関係なのです。
むしろ、金銭関係で壊れるようなら、この場で壊した方が正解と言えます。
フォルスクラブの勧誘はMLMではありませんが、
欲している方にのみお勧めするのが無難と言えそうです。