フォルスクラブと関係ないねずみ講と不幸の手紙

ねずみ講と不幸の手紙の関係

フォルスクラブ世代にはあまり馴染みのないものですが、不幸の手紙は最近は紙媒体が来ることがなくなったこともあってあまり聞くことがありません。しかしメールでは、チェーンメールみたいなものが来たことがある人は多いのではないでしょうか。ねずみ講は、ある意味この不幸の手紙と似ているといえます。ねずみ講と不幸の手紙の共通点は色々なものがありますが、皆が幸せになることはないということも特徴です。もしこれからやろうとしている人がいるとしたら、ねずみ講も不幸の手紙も両方とも人を幸せにすることはないので、やめたほうが良いですしやっている人が近くにいたら、止めてあげたほうが良いでしょう。

フォルスクラブが紙媒体だったとしたら

不幸の手紙が紙媒体でなくなってからずいぶん経ちますが、フォルスクラブが紙媒体だったならばかなり頻繁にいろいろな教材が送られてくることでしょう。フォルスクラブは、すべての人に平等に教育がいきわたることをモットーにして作られた教育システムです。このシステムは画期的で、毎月リーズナブルな料金で家族みんなで学びを場を得ることができます。例えば塾に行ったり一人一人が何らかの学習をしようとするとその分月謝や会費がかかりますが、フォルスクラブなら入会金と月々の料金を支払うだけで幼児から大人まで様々な学習をすることが可能です。

ねずみ講のシステムとは関係ない

フォルスクラブは、すべての人が平等に学習することができるシステムですが、こういう学習の場で勉強をすることで不幸の手紙やねずみ講などとは無縁の生活を送ることができます。ねずみ講も不幸の手紙も、人の迷惑を顧みずにその時の自分の利益ばかりを考えて行われている行為です。しかし、結局は人に迷惑をかけることになりますし誰も得をしないシステムと言えます。フォルスクラブで学習をすることで、世の中のことを学ぶことができますし人とのコミュニケーション能力もアップします。フォルスクラブとねずみ講は全く関係がありませんが、間接的にはこうしたトラブルから身を守る能力を身に着けることにもつながります。

誰でも入れるフォルスクラブ

不幸の手紙は、ある日突然自分の思いもよらない状況で受け取るもらい事故のようなものです。自分のところでとどめておくことで、同じ思いをする人が増えないようにすることができます。しかし、そうしたことも知識が無ければ実行することができませんしそれはねずみ講でも同じことです。でも、フォルスクラブに入っていて世間のことを良く知っているとしたら、それはもちろん未然に防ぐことができますし、やっている人に助言することも可能です。しかも、フォルスクラブは受動的ではなく能動的に学ぶことができるシステムです。家族が入会していれば誰でもネット環境とデバイスさえあれば利用することができますので、合理的と言えます。さらに、低料金で利用することができるので家計に対する圧迫が少なく多くの人が利用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です