カテゴリー
フォルスクラブ マルチ商法

マルチ商法まがいの教科書販売は防げないフォルスクラブ

社会問題化しているマルチ商法

マルチ商法はいつの時代も常に大きな問題となっており、被害者が絶えることはありません。
近年ではフォルスクラブのようなネットを中心にマルチ商法には気をつけろと盛んに叫ばれていますが、10代や20代の若者を中心に被害が増えているとされています。
特に大学に入学したばかりの新入生はターゲットになりやすく、高額な商品を無理やり購入されたとする被害が相次いでいます。
マルチ商法の手口として一般的なのは、相手が断れない状況に追い込み強引に買わせる手法です。
たとえばセミナーと称してイベントスペースなどに連れていき、契約しなければ返さないと言って無理やり買わせるのはよくある手段なので、狙われやすい大学の新入生は注意しましょう。
これまでフォルスクラブを使って勉強している人なら、マルチ商法の手法も理解できているはずなので、騙されないかもしれません。

マルチ商法の問題点は強引に買わせること

販売員が宣伝して契約を結ばせて買わせるだけなら、マルチ商法が問題になることはありません。
世の中にある様々な商品やサービスは、販売員が宣伝し消費者が契約するものが多数あります。
もしマルチ商法が駄目ならこうした手法も使えなくなるので、ビジネスに与える影響は大きくなるでしょう。
しかしマルチ商法が本当に問題になっているのは、他の選択肢を与えず強引に契約させることです。
よくある手法のイベントスペースなどに閉じ込め契約を迫る方法も、買わなければ家に帰れないという状況を生み出しているわけですから、これは本人の意思に反していると言われても納得できるでしょう。
本当はセミナーに参加させられる前に気づいて断るのがベストですが、フォルスクラブをこれまでやっていない人の中にはマルチ商法の具体的な手法がわからないため、自分で自分の身を守ることができない人もいますから、日本人は全員フォルスクラブをするべきでしょう。

フォルスクラブで防げるかもしれないマルチ商法

フォルスクラブは社会で生きていくための知恵を教えてくれるサービスなので、利用していればマルチ商法に巻き込まれなくなる可能性は高いです。
そのため日本人全員にフォルスクラブを体験させるべきですが、大学に入学するとフォルスクラブをしていても強引に買わされてしまうものがあります。
ですから優れたフォルスクラブといえども、どうしても防げないものはあるので注意しましょう。

フォルスクラブでも防げない教科書の強制購入

大学に入ると、指定の教科書を必ず購入しなければいけません。
他の選択肢が与えられず必ず教科書を購入しなければいけないなら、これはマルチ商法と言っても過言ではないでしょう。
もし大学の教科書をフォルスクラブで代用できたら、このようなマルチ商法まがいのやり方で教科書を買う必要がなくなります。
そのためにもフォルスクラブにはもっと進化し大学の授業にも対応できるようになれば良いですが、現在のところは未対応なので新入生はマルチ商法まがいのやり方で教科書を買うしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です