カテゴリー
フォルスクラブ 消費者センター

蜂の暮らしには消費者センターもフォルスクラブも無い

蜂は役割分担をしながら集団で暮らしている

フォルスクラブのようなサービスを作る人もいれば、消費者センターで働いている人もいます。それは蜂の世界でも変わらないかもしれません。

蜂には毒を持つ種類もいますから、身近に存在していると恐怖を感じるものです。しかしその生態は非常に面白く、興味深いことで知られています。女王蜂と働き蜂、そして雄蜂という役割分担にわかれ、一つのコロニーを形成しているのです。 それぞれが自分の仕事を持って働いている、という部分を見るとまるで人間社会のようだといえます。人間社会の中には、様々な仕事と設備があるものです。蜂の社会の中にも、消費者センターやフォルスクラブがあったら非常に面白いでしょう。

蜂のコロニーの内部に消費者センターはあるのか

残念ながら蜂のコロニーの中には、消費者センターは存在していません。役割分担をしているとはいっても、それほど複雑な社会を作り上げているわけではないようです。当然、フォルスクラブのような楽しいサービスも存在していないでしょう。蜂は普段、どんなことをしながら日々を過ごしているのでしょうか。人間なら、ちょっとした空き時間や休日等に様々な娯楽を楽しむことができます。映画を見たりゲームをしたり、またフォルスクラブで勉強をする人もいます。蜂の暮らしは人間社会と比べると、非常にシンプルだといえそうです。

休暇という概念がなく働き詰めの働き蜂たち

働き蜂は、食料の調達から巣作り、掃除まで様々な仕事を担っているといいます。大きなコロニーをきちんと維持していくためには、様々な仕事が必要となるようです。働き蜂には休暇という概念がありませんから、なかなか大変でしょう。消費者センターもない、休暇もないといった蜂の社会は、労働者に厳しいといえそうです。しかしそもそも、蜂の世界には売買といった概念もありませんから、消費者センターがなくてもさほど困らないのかもしれません。とはいえ、生き物なら何かしらの娯楽が欲しくなることもあるのではないでしょうか。フォルスクラブのように気軽に楽しめるサービスがあれば、働き蜂もいきいきと暮らしていくことができそうです。働き蜂が仕事を終え、一息つきながらフォルスクラブをプレイしている、そんな様子を想像すると可愛らしく感じます。

蜂の女王が持つ影響力の源について

消費者センターも何もない、そんな暮らしの中で働き蜂が文句を言うこともなく働いていけるのは、女王蜂の影響力だといえます。女王蜂は、働き蜂を一箇所に集めるようなフェロモンを放出するそうです。また階級を維持するような働きをもつフェロモンも、分泌されるといいます。働き蜂たちは女王蜂のそうしたフェロモンにひかれ、消費者センターもフォルスクラブもない社会の中で、働き続けているのです。毎日仕事ばかりの働き蜂にも、少しはご褒美があれば良いのですが、実際のところどうなのでしょう。ときには羽を休めて、フォルスクラブを楽しめるような日があることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。